"銀河鉄道999"一挙二作品上演するシネマ・コンサート開催決定!

10月11日(月)19時30分 Rooftop


株式会社朝日新聞社は、 11月23日(火・祝)に『銀河鉄道999/さよなら銀河鉄道999 シネマ・コンサート 〜一挙二作品上演プレミアム公演〜』を、 東京オペラシティ・コンサートホールで開催。

この日は「銀河鉄道999」(1979年公開)と「さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅-」(1981年公開)の二作品を1日で一挙上演するもので、 7時間の長丁場(途中、 休憩を挟む)公演。 さらに大阪で、 2022年1月9日(日)に「銀河鉄道999」のシネマ・コンサートの再演も決定。

「銀河鉄道999シネマ・コンサート」は今年2月に東京と大阪(堺)で初演され、 6月に東京で再演。 いずれもチケットが完売した人気プログラム。 シネマ・コンサートとは、 映画のセリフや効果音はそのままに、 音楽パートをオーケストラが本編上映に合わせて生演奏するもので、 映画をライブ感覚で楽しめるエンターテイメント。 「銀河鉄道999シネマ・コンサート」では、 過去2回同様、 ゲストに主題歌&挿入歌を担当したゴダイゴのタケカワユキヒデが参加し、 オーケストラをバックに歌う。

unnamed-2.jpg

東京で上演される「さよなら銀河鉄道999」は、 前作の続編として1981年に公開され、 同年の邦画配給収入8位を記録した大ヒット作品。 「銀河鉄道999シネマ・コンサート」公演後、 ファンから続編のシネマ・コンサート待望論が数多く寄せられ、 今回の上演が実現。 当時の主題歌「SAYONARA」はメアリー・マッグレガーに代わって舞台等で活躍する和田清香がヴォーカリストとして参加。 会場は、 音響環境に定評がある東京オペラシティ・コンサートホール。 一挙二作品上演のプレミアム公演を存分に満喫できる。 東京公演では来場特典として「オリジナルカード型記念チケット」も用意され、 当日会場にて配布。

大スクリーンに映える壮大なスペースファンタジーとオーケストラの生演奏がうむシネマ・コンサートならではの感動体験を、 ぜひ会場で堪能しよう。


Rooftop

「銀河鉄道999」をもっと詳しく

「銀河鉄道999」のニュース

「銀河鉄道999」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ