伊藤健太郎『悪の華』は日本版『ジョーカー』 玉城ティナはサプライス誕生日に笑顔

10月11日(金)15時9分 エンタメOVO

伊藤健太郎(左)からの誕生日プレゼントに驚く玉城ティナ

写真を拡大

 映画『悪の華』の御礼舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の伊藤健太郎玉城ティナと井口昇監督が登壇した。

 本作は、押見修造氏による同名人気コミックが原作で、中学生たちが行き場のない衝動を爆発させていく人間ドラマ。

 この日の観客はほとんどがリピーターで、中には14回目という熱烈なファンの姿も。伊藤は「公開されるまでは青春映画と言っていたけれど、見てくださる皆さんに伝わるのか正直不安だった。でも、しっかりと受け止めてくれて、皆さんに育ててもらっていると実感した」と感慨深げな表情で話した。

 伊藤が演じる主人公の弱みを握り、支配する問題児役の玉城は「皆さんの中でそれぞれの解釈があることが伝わってきます。感謝しかありません」と満足げな笑みを浮かべた。

 ファンがSNSなどで、玉城の役を『ジョーカー』のホアキン・フェニックスと並び称する書き込みもあり、伊藤は「そうなんですよ。人が変わっていくさまが『ジョーカー』っぽくて、『悪の華』は日本版『ジョーカー』なんです」とわが意を得たりの表情を浮かべた。玉城も「私も思った。(ホアキンの)ダンス、私もできますよ」と話し、すっかりその気になっていた。

 さらに、今月8日に22歳の誕生日を迎えた玉城に、伊藤がサプライズでバラの花束をプレゼントした。玉城は「何かプロポーズみたい」と照れながらも、「こんなに重い花束を手にするのは初めて。うれしくて、22歳も頑張ろうという気持ちになりました」と感激に浸った。

 そして、井口監督が「公開前はイケメンと美女で大丈夫かという声が多かったが、公開されたらパタッとなくなった。俳優が褒められるのはうれしいし、素晴らしいキャスティングができてよかった。この先も残っていく作品になった」と自信を深めた様子。伊藤も、「10年、20年、30年、40年と残っていく作品です」と声を張り上げた。

エンタメOVO

「伊藤健太郎」をもっと詳しく

「伊藤健太郎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ