豊島将之名人が先勝 広瀬章人竜王と173手の熱戦制す/将棋・竜王戦七番勝負

10月12日(土)20時3分 AbemaTIMES

 将棋の竜王戦七番勝負の第1局が10月11・12日、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で行われ、竜王初挑戦の豊島将之名人(29)が、初防衛を目指す広瀬章人竜王(32)に173手で勝利した。

 竜王と名人という、将棋界のトップ同士の七番勝負は、豊島名人の先手番でスタート。角換わり腰がけ銀の出だしから始まると、1日目は豊島名人がやや押され気味で終了。2日目に入って盛り返したものの、最終盤ではぎりぎりの展開が続く熱戦となった。両者、8時間の持ち時間を使い果たしての熱戦。対局後には「ちょっと1日目で失敗してしまったかなと。途中は好転してきたかと思ったんですが、最後はわからなくて、かなり危ないので、詰まされたら仕方がないかなと思いました」と薄氷を踏む思いだったと振り返り、次局に向けても「一局一局頑張りたいと思います」と慎重だった。

敗れた広瀬章人竜王のコメント 封じ手のあたりは、後手番としては主張のある展開にできたとは思いました。攻めていったんですが、あまり成果が上がらなくて、自信のない展開になってしまいました。シリーズ始まったばかりですし、第2戦で勝てるように頑張ります。
AbemaTV/将棋チャンネルより)

▶映像:竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 広瀬章人竜王 対 豊島将之名人(期間限定)

▶中継:順位戦 C級1組 第5回戦 藤井聡太七段 対 宮本広志五段 10/15(火)9:30〜

AbemaTIMES

「将棋」をもっと詳しく

「将棋」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ