最も記憶に残るK-POPグループのデビュー曲は? TWICE、Wanna Oneらをおさえ見事1位に輝いたのは、2007年のあの曲・・

10月12日(土)19時0分 KPOP monster

TWICE(左)、Wanna One

最も記憶に残るK-POPグループのデビュー曲を韓国のネットユーザーたちがチョイス。TWICEWanna Oneらをおさえ、2007年に“あのガールズグループ”がリリースした“あの曲”が見事1位に輝いた。

これまでたくさんのK-POPグループがデビューしているが、このほどSNS上にて「人々に強烈な印象を与えたデビュー曲は何か?」というアンケートが行われ、少女時代の「Into The New World(また巡り逢えた世界)」”がユーザーたちの支持を集めた。

【動画】少女時代「Into The New World」MV

少女時代が2007年にリリースした「Into The New World」は伝説的楽曲として今も語り継がれており、K-POPアイドルを目指す女性練習生はデビュー前にこの曲をマスターする必要があるとも言われている。

2位は、ボーイズグループSHINeeのデビュー曲「Replay」(2008)。複雑ながらもシンクロしたダンスが大いに注目を集めたほか、スニーカーとスキニージーンズをカッコ良く履きこなす彼らは“スタイルアイコン”ともなった。

【動画】SHINee「Replay」MV

3位は、オーディション番組「PRODUCE 101」シーズン2から誕生したWanna One「Energetic」(2017)で、4位は日本でも大人気のガールズグループ TWICE「Like OOH-AHH」(2015)、5位は(G)I-DLE「LATATA」(2018)、6位は2PM「10 Out of 10」だった。

【動画】Wanna One「Energetic」MV

【動画】TWICE「Like OOH-AHH」MV

【動画】(G)I-DLE「LATATA」MV

KPOP monster

「デビュー」をもっと詳しく

「デビュー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ