穴の中で吸い付きエアレーション......か・ら・のバイブレーション!『耳アナーキー・カタヤマの耳かき日記』第4回

10月12日(金)18時0分 耳マン

耳かき&耳掃除が生きがいの耳アナーキー・カタヤマが耳グッズをレビューしまくる最高に気持ちいい連載!


第4掻き エアーとバイブ!?

日曜日の夜10時。

突然の空腹に襲われた俺は、千円を握りしめ、玄関を飛び出した。そして個人でやっている小さな中華料理屋へと入り酢豚をオーダーした。

約10分後に提供された酢豚定食。その中のあの具材を見て、

「ふぇ!?」

店員には申し訳ないが、声が出ていたかもしれない。

「ふぇっ? ぱいなっぽー?」

そう、酢豚にはパイナップルが入っていた。

酢豚にパイナップル……いるかぁ? いらないよなぁ。

そんなことを思いながら、とりあえず完食。味は旨いが……。やや満たされない気持ちのまま帰宅。

このココロのスキマを埋めてくれるモノ……

耳掻きしかない!

金曜日のうちにAmazonから取り寄せたコイツを使う日がきたようだ。

GLAMSVILLE ポケットイヤークリーナー

※Amazon価格970円

この耳掻きの凄ポイントは、吸引機能が搭載されていること。本体に付属ノズルを装着し、持ち手のスイッチを入れると吸引開始。耳を掻くときにノズル先端に空いた穴から耳アカを吸引してくれる仕組みだ。

ややマンネリした耳掻き官能体験から脱出するため、今回は官能に電動を取り入れることにしたのだ。

さぁ、使ってみよう。

本体を右手で優しく握り、人差指の先っちょでスイッチを入れる。

その瞬間!!!

ドゥルルルルルルルルル……

「ふぉあっ!」

驚いて本体を床に落としてしまった。俺をびっくりさせたこの動きの正体はバイブレーションだ!

「えっ! バイブレーション?」
「なぜ? 吸引するだけじゃないの?」

脳が混乱するなか、落ちた電動耳掻きは床で小刻みに動き回っていた。まるで、陸に打ち上げられた新鮮な小魚のように。

「ひっ、ひっ、ふーーーー」

早く気持ちを落ち着けたい俺は、妊婦が陣痛を和らげるときに使う呼吸法、ラマーズ法で脳内の陣痛を落ち着かせる。

「ひっ、ひっ、ふーーーー」

……かなり落ち着いてきた、そして思った。っていうか耳掻きにバイブ……いるかぁ? いらないよなぁ。

本日2回目の、いるかな? いらないよなぁ体験だ……。モヤモヤした気持ちを払拭できぬまま、改めて床からバイブ……いや、電動耳掻きを拾い上げ、耳穴へと入れる。

「フっ キュウンンっ」

またしても声が出てしまう。

何なんだ、このなんともいえない耳掻き感。

耳の中でバイブの音が心地よく鳴り響くとともに、その微細な振動が先端に伝わり、穴の中をなんとも官能的に愛撫してくれる。

……試してみるか。

ここでついに、耳掻きの先端を、我が耳穴Gスポットへとあてがってみる。

「ひぃる……ふぇ……ほ〜ん」

有名タルト店の名前のような声が出てしまった。

「あふぅん、んんうん〜〜〜!」

予期せぬ脱力、俗にいうイク。またもや脱力。

……満たされた。今夜も満ちてしまった。

おっといけない! 最後にひとつ訂正しておかなければ!

酢豚にパイナップル? いらないかな。

耳掻きにバイブ? ……いるでしょ!

耳アナーキー・カタヤマ

耳マン

「耳かき」をもっと詳しく

「耳かき」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ