是枝監督、日仏の壁を越え「ほぼ思い通り」の海外初演出! J・ビノシュと秘話語る

10月12日(土)17時0分 マイナビニュース

第71回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作『万引き家族』(18)の是枝裕和監督にとって初の国際共同製作映画となる『真実』が10月11日に公開を迎えた。本作で来日した世界的スター、ジュリエット・ビノシュと是枝監督を直撃し、日仏合作映画ならではの制作秘話や、大女優カトリーヌ・ドヌーヴとの撮影エピソードを語ってもらった。

ドヌーヴが演じる主人公は、奔放でわがままな大女優ファビエンヌ。彼女の自伝の出版祝いに、アメリカ在住の娘リュミール(ジュリエット・ビノシュ)一家が、フランスに住む母を訪ねてくる。そこで、母と娘の間に隠された“真実”が明かされていく。

本年度のヴェネチア国際映画祭で、日本人監督初のコンペティション部門オープニング作品として上映された本作。日本語吹替版声優は、ファビエンヌ役を宮本信子が、リュミール役を宮崎あおい、リュミールの娘、シャルロット役を『万引き家族』の佐々木みゆが務めた。

——是枝監督は本作で、女優というものをとことん掘り下げつつ、母と娘の葛藤など、女性の心のひだをとても繊細に描いています。男性の是枝監督が、どうすればこんなにリアルな女性像を紡ぎ上げることができるのでしょうか?

ビノシュ:それは是枝監督が、男装した女性だから(笑)。きっと是枝監督のなかに“おばちゃん”がいるんです。

是枝監督:そうです。僕の中に、大事に育てているおばちゃんがいます(笑)。でも、おじさんもいますよ。

——そう聞いてすごく納得してしまいそうですが、本当のところ、どういうテクニックを使われたのでしょうか?

是枝監督:たとえば僕が弁護士の話を書く際には、弁護士事務所に通って取材をしますが、今回もそのプロセスで言うと、女優の話なので、ドヌーヴさんやビノシュさんのご自宅におじゃまして、長い時間をかけて話を聞かせてもらいました。ドキュメンタリーじゃないから、そのままを引用したわけじゃないけど、彼女たちから、自分の母親や娘さんとの関係などをいろいろ聞いて、それを脚本に取り入れました。

——是枝監督の作品は、ナチュラルな口語体の台詞が印象的ですが、今回はフランス語の脚本に仕上げるために“翻訳”というフィルターをかける必要があったかと。やってみていかがでしたか?

是枝監督:実は日本語ってすごくいい加減な言語で、主語がなかったり、時制がぐちゃぐちゃだったりしますが、映画だとむしろそのほうがリアルな台詞になります。でも、フランス語に訳す時、全部をきちんとした時制に戻さないといけなくて。通訳さんに戻してもらった脚本をみんなで読んでもらい、そこから修正を加え、なるべくリアルに仕上げていくという作業をしました。そこはちゃんとやれたんじゃないかなと思っています。

——ビノシュさんは、是枝監督の脚本を読んで、どんな印象を受けましたか?

ビノシュ:まず、是枝監督が、フランスの世界に溶け込もうとしているのを脚本から感じました。ただ、確かに言語のニュアンスの違いはあったと思います。

——それはどういう違いでしょうか?

ビノシュ:具体例を挙げると、日本人は謝ることが多いのですが、フランス人はめったなことで謝りません。通訳さんは、日本語の脚本の一語一句全てを丁寧に訳してくださいますので、たとえば「すいませんが」から始まる台詞をそのままフランス語に訳すと、謝罪から始まる形になります。私たちフランス人からすると「なぜ、いきなり謝るのか?」となってしまうわけです。また、カトリーヌは非常にタバコ好きですが、あれはフランス人のスタンダードではないです(笑)。私はあれほど吸いません。現場では、是枝監督もかなり苦労されていましたね。

——ドヌーヴさんは、劇中だけではなく、もともとヘビースモーカーだったということですね。ちなみに是枝監督は喫煙者ですか?

是枝監督:僕はタバコを吸わないので、あの状態が2カ月続いたら死ぬなと思いました(苦笑)。でも、途中から苦にならなくなったことに、自分でも驚きました。

ビノシュ:カトリーヌは、撮影現場にもタバコを吸いながら来ますが、たぶん緊張をほぐすのに、必要なんだと思います。でも、エレベーターのなかでも、禁煙の場所でも吸っちゃいますね(笑)。

——吸ってはいけないところでも吸われるのですね! 撮影に支障はなかったのですか?

是枝監督:車の窓が閉まっている中でも吸われていて「大丈夫よ、本番になったら消すから」と言われまして、「用意!」と言う直前でようやく消すんです。そのあと、車内の煙をみんなでパタパタ追い払わなきゃいけなくて。そこから撮影を始めるまでに、かなり“間”が必要でした(苦笑)。

——なるほど。それは大変でしたね。

ビノシュ:ただ、カトリーヌがヘビースモーカーなので、私はタバコを利用して彼女と仲良くなろうとしました。フランス語で「あなた」という二人称は、親しみを込めた“tu”と、少し距離を置いた感じで、相手を敬う“vous”と2種類ありますが、カトリーヌは誰に対しても“vous”を使います。私は彼女との距離を縮めたかったので、「タバコを1本貸してください」と声をかけたんです。

——そこから会話を広げようとしたわけですね?

ビノシュ:そしたらカトリーヌから「貸してと言っても、返さないでしょ」と言われまして。私は「1本貸してくれたら箱で返しますから」と言ったら、リハーサル中にポンと1本投げてくれました。1週間後に約束どおり、タバコを1箱返しに行ったら「これは私の銘柄じゃないわ」と言われましたが、このやりとりで少しだけ距離が縮まりました(笑)。ヴェネチア国際映画祭での上映が終わったあとも、彼女に近づいていったら「タバコ、欲しいんでしょ?」と言って、私にくれたんです。

——まさにドヌーヴさんは、ゴーイングマイウェイなファビエンヌそのものですね。

是枝監督:確かにドヌーヴさんに取材した内容はかなり投影されています。また、ビノシュさんが母親と娘の話をしていたとき「もしかするとファビエンヌは、映画のなかで母親役を演じるために、リュミールを産んだのかもしれないわね」と言われて。僕は「そうかもしれませんね」と言いながら、女優さんて怖いなと思いつつ、「リュミール自身が、母に対してそう思っちゃったかもしれないですね」という話にもなりました。それをヒントに、母と娘のわだかまりを描いていきましたが、女優が役とどう向き合い、役作りをしていくのかというビノシュさんの話は非常に面白かったです。

ビノシュ:私は普段から「女優とは何か」を考えていますから。でも、是枝監督と演技論をいろいろ闘わせたんですが、私の言ったことはあまりシナリオに入ってない気がしますよ。カトリーヌの言ったことをより多く入れられていますよね?

是枝監督:アハハハ。そんなことはないですよ。目に見えない氷山の下のほうに、ちゃんと入っていますから。

——是枝監督にとっては、初の国際共同製作映画となりましが、ビノシュさんは、現場でどんな印象を受けましたか?

ビノシュ:是枝監督の演出方法はとてもやさしいハーモニーを大事にするやり方という印象を受けました。是枝監督は、全く言葉が通じないフランスに適用しながら仕事をしなければいけなかったけど、実は私も、河瀬直美監督の『Vision ビジョン』(18)の現場で同じような経験をしています。日本での撮影は、そういう協調性のある集団作業ですが、フランスの現場は各セクションがもう少し個人主義で、ある意味、エゴも出てくる現場だと思います。

——是枝監督は、そういう現場を楽しめましたか?

ビノシュ:フランス人の前では言えないですよね(笑)。

是枝監督:日本の場合、スタッフ全員が集まってやる総合打ち合わせを設けるんですが、フランスではそういう習慣がなかったです。カメラマン、美術、衣装などのスタッフは、みんなが1対1での打ち合わせをしたがります。そこは彼らの、プライドだったりもするので、内心では「1回にまとめたい」と思いながらも徹底してやっていきました。ただ、現場に関しては、制作のプロセスも含め、ほぼ自分の思い通りにやれたという自信はあります。

■ジュリエット・ビノシュ
1964年3月9日、フランス、パリ生まれ。『ゴダールのマリア』(84)で注目され、『ランデヴー』(85)でセザール賞にノミネート。『存在の耐えられない軽さ』(88)でアメリカに進出。『ポンヌフの恋人』(91)でヨーロッパ映画賞女優賞を受賞し、『トリコロール/青の愛』(93)でセザール賞、ヴェネチア国際映画祭女優賞を受賞。『イングリッシュ・ペイシェント』(96)でアカデミー賞に輝く。カンヌ国際映画祭では、『トスカーナの贋作』(10)で女優賞を受賞、『アクトレス〜女たちの舞台〜』(14)でセザール賞にノミネート。河瀬直美監督作『Vision ビジョン』(18)にも出演。

■是枝裕和(これえだ・ひろかず)
1962年6月6日、東京都生まれの映画監督。1995年、監督デビュー作『幻の光』でヴェネチア国際映画祭で金のオゼッラ賞を受賞。2004年の『誰も知らない』では、主演の柳楽優弥がカンヌ国際映画祭で最優秀男優賞を受賞。2013年『そして父になる』で第66回カンヌ国際映画祭審査員賞をはじめ、国内外で多数の賞を受賞。2014年独立し、西川美和監督らと制作者集団「分福」を設立。『海街diary』(15)はカンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、日本アカデミー賞最優秀作品賞他4冠に輝く。『三度目の殺人』(17)は第74回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品、日本アカデミー賞最優秀作品賞他6冠に輝く。『万引き家族』(18)は、第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞し、第91回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされ、第44回セザール賞外国映画賞を獲得し、第42回日本アカデミー賞では最優秀賞を最多8部門で受賞。

※宮崎あおいの「崎」は「たつさき」。

photo L. Champoussin (C)3B-分福-Mi Movies-FR3

マイナビニュース

「海外」をもっと詳しく

「海外」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ