“日本一コストコに詳しい主婦”が紹介するお得な買い物術

10月12日(木)16時0分 NEWSポストセブン

“日本一コストコに詳しい主婦”コス子さん

写真を拡大

『コストコ』は、アメリカ・シアトル発の会員制倉庫型店。日本に初上陸した1999年以来、広い倉庫店内で大容量の商品を扱うのが特徴で、質もよく、1個あたりの値段もお得と主婦の安定的人気を得ている。


 そして、7年前、買い物の記録として商品のレビューをブログ『コストコ通』に書き始めたのがコス子さん。これが「活用術までわかりやすい!」「本当に買うべき商品がわかって無駄がなくなった」と、主婦層に大ヒット。以来、“日本一コストコに詳しい主婦”として人気の彼女に、その魅力を聞いた。


「主婦になってから、節約のために1円でも安い物を買おうと毎日チラシを確認し、少しでも安いスーパーに行っていました。でも、これって時間と労力の無駄では…と、思い始めていた中、コストコでお肉を食べて“おいしい!”と、衝撃を受けました。量は多いけれど100gで考えたら安い上、まとめ買いできるので買い物に行く手間も減って一石二鳥。商品が厳選されているので、とても広い売場なのに商品数は約3500点と少なめ(一般的な大型スーパーは数万点が基本)。行くたびに商品が変わり、宝探し感覚でお買い得品を探すのも楽しいし、何より高品質なんです!」


 と、コストコ愛の止まらないコス子さんの、失敗しない買い物術を紹介する。


 まず、コストコで買い物をするには、年会費4752円を支払い、会員になることが必要。その際、身分証明書が必須で、当日すぐに使用できる。1枚のカードで非会員を2名まで同伴できるので、友達を誘って行くのもOK! 正会員と同じ住所に住む家族は、家族カードが1枚、無料で作れる。18才未満の子供は何人でも入場可能。


 どの倉庫店も中央に大きな通りが2本あるのがコストコの基本。


「お買い得品やおすすめ品はここにあります。急いでいる時は、大通りからチェックを!」(コス子さん・以下同)


 試食が多いのもコストコの特徴だ。



「大容量なので、失敗しないためにも必ず試食をして味の確認を。おすすめの食べ方や保存法なども丁寧に教えてくれるので勉強になります。いろいろ質問してみて」


 入り口付近には旬の商品がずらり。限定品も破格の値段で並んでいる。


「コストコは通常よりも3か月ほど商品を扱う時期が早いので、今は冬物衣類が旬。先取りする分、お得に買えますよ」


 入り口に看板があり、本日のお買い得品をまとめて告知している。


「倉庫店内は広いので、事前にここで今日は何がおすすめかチェックしておくとラク。意外な掘り出し物がありますよ!」


 パンはコストコ内のベーカリーで焼きたてを販売。


「ディナーロールは袋にどっさり36個も入って、1個約12.7円と驚きの安さ。ほんのり甘味があって飽きのこない味で朝食にぴったり。ミニクロワッサンはフランス産小麦を使用。バターの風味がじゅわりとして高級感漂う味。温めてもおいしいですよ」


 USAプライムビーフが100g258円は、超お得!


「“プライムビーフ”はUSA最高級の格付け肉。肉や魚は一度も冷凍していないものが多く、自分で冷凍するのが1回目になります。そのため、ドリップも出にくく、おいしく食べられます」。


 他にも北海道産の魚介類や、国産ブランド肉が豊富に揃う。


 コストコのプライベートブランド(PB)「カークランドシグネチャー」もお得。「KIRKLAND」と書かれた黒いラベルが目印。食料品から日用品まで幅広く展開。


「高品質、低価格、安心安全がテーマ。一流ブランド品が安く入手可能!」


※女性セブン2017年10月26日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

コストコをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ