大人の権力争いと化す総選挙に悩まされる18才有権者

10月12日(木)16時0分 NEWSポストセブン

今回の総選挙で10代有権者はさらに選挙離れ?

写真を拡大

 女性セブンの名物記者“オバ記者”こと野原広子が、世の中の様々なトピックに意見をぶつける。今回のテーマは解散総選挙だ。


 * * *

「で、どうする?」。日本全国、選挙の秋。私のまわりも、話の最後は新党のこと。“政治は一瞬先は闇”というけれど、解散からこっち、闇の中で毎日ピンスポットが当たっているのは、小池百合子さんだけだしね。


 選挙好きな友達は、「今は平成の戦国時代よ、下剋上。なんでもあり。それを作り出した彼女は歴史に残るね」と早いうちからハイテンションよ。


 それが、ここにきて口が重たいんだわ。18才の“新有権者”の息子が「棄権する」と言うんだって。


「『選挙は国民の義務だ』と怒ると、『知らない候補者が急にニコニコと近づいてきて気味が悪いんだよ。そいつの公約だって、もし政党がバラバラになったらナシだろう。バカくさくね?』というの」


 息子の一言で「気が抜けた」と彼女は言うけど、私は、「しがらみのない政治」というスローガンでずっこけたね。


 この選挙区には刺客を立て、こっちには立てないという、“高度な政治判断”に、いったんは物わかりのいいふりをしようとしたものの、同時にこういう大人の事情を、全国の約240万人いる10代の有権者にどう説明するか、とも思うわけ。


「君たちの一票が明日の日本をつくる」とか、耳に聞こえのいいことを言って、持ち上げるのもいいけれど、本当のところどうなっているか。候補者は高校卒業したばかりの未成年にわかる言葉で、ぜひ語りかけてほしいわ。それ、私も聞きたいもの。


 で、友達は息子に投票させることはあきらめたけど、「『どこの党も、どの有権者も×』と思うなら、白紙投票という方法もあるよ」と言うか言うまいか、悩んでいるんだって。「ハンパなことを教えていいか、考えちゃう」と。


 それにしても地方によっては成人と交際したら“淫行”になる未成年者に、選挙権だけは成人扱いというのは、おかしな話!


※女性セブン2017年10月26日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

選挙をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ