嵐のYouTube&サブスク解禁、事務所の「狙い」と活動休止後の「期待」

10月12日(土)21時0分 週刊女性PRIME



 10月9日、嵐がYouTubeに公式チャンネルを開設しミュージックビデオを解禁、SpotifyやApple Musicなどへのサブスクリプション(定額制)での楽曲配信も開始した。

 今回解禁された楽曲は、デビュー曲の『A・RA・SHI』をはじめ、『Love so sweet』『Happiness』『truth』『Monster』の5曲。

「まさに嵐の代表曲という5曲ですよね。ファンのみでなく、多くの方に親しまれるベストな選曲ではないでしょうか」

 と、あるテレビ誌記者は言う。

■『嵐』が選ばれた理由



 ジャニーズ内だけでなく、国内トップクラスのCD売り上げを誇る人気グループだけあって、YouTubeのチャンネル登録者数は1日で早くも100万人を突破した。

「海外のファンも多く登録したようで、人気の幅の広さを感じます」(同テレビ誌記者)

 まずは上々の滑り出しといったところだが、今後の展開にも色々期待が持てる。

「まずは、この5曲以外の楽曲の解禁ですよね。そして、嵐以外に現在、Jストームに所属するジャニーズアーティスト、TOKIO関ジャニ∞KAT-TUN、Hey! Say! JUMPのチャンネル開設とサブスク解禁の期待が持てます。V6など外部レーベルに所属のジャニーズアーティストのMVなどは、ショートバージョンなどですでに一部解禁されていましたが、画期的なことだと思います」(同)

 ネットでの楽曲配信は、すでに世界各国で主流となっているが、ジャニーズはタレントの画像も含め、ことネットに関しては、ずっと消極的だったことは有名である。ある芸能関係者が言う。

「ネット展開を敬遠してきたのは、無料で画像や音源が楽しめ、コピーも可能であることが理由のひとつだと思います。それでも若い世代のファンは、雑誌の画像などをスキャンしたり、テレビなどの動画を、動画サイトに無断アップするなどしていましたが……。いずれにしても、ジャニーズ事務所はついに時代の流れに乗ったということですね」

 音楽業界全体の中では後発となるネット進出ではあるが、ジャニーズ事務所がいきなり嵐からスタートというところにもまた、驚きがある。

「これは、まさにインパクト重視なんじゃないでしょうか。ほかのジャニーズより、『あの嵐が!』というニュースバリューは大きいですからね。そして、来年いっぱいでしばらく活動休止してしまう嵐というグループを、アーカイブ化しておくような意味合いもあるのではないでしょうか」(同芸能関係者)



 YouTubeでの展開に関しては、ジャニーズJr.の公式チャンネルの成功も大きく関係するのではないかと同関係者はみる。

「ネットへの本格的な進出が、昨年から行っているジャニーズJr.のYouTube展開です。SixTONESが公開したミュージックビデオ『JAPONICA STYLE』が1000万回再生を突破するなど大きな反響を得たことが、来年のSixTONESとSnow ManのCDデビューにつながったといえます。

 ジュリー新社長による新体制が発表された直後ということもあり、タイミング的にも嵐のYouTubeとサブスク解禁は、“新しい時代のジャニーズ事務所”を大きく印象付けることに成功したといえるのではないでしょうか」

■気になる活動休止後の活用



 嵐のネット展開の滑り出しは大成功とみてよさそうだが、ジャニーズJr.のように、ミュージックビデオだけでなく、動画サイト上で嵐のメンバーがオリジナル動画を配信する可能性はあるのだろうか。前出のテレビ誌記者は言う。

「十分考えられると思います。すでに、堂本光一さんや木村拓哉さんが映像配信サービスの『GYAO!』で番組を配信しているという実績もあり、YouTubeの公式チャンネルでメンバーが登場する可能性には期待できます。

 特に活動休止後は、メンバーそれぞれの個人活動にフェイールドが移っていきます。ドラマやバラエティー、映画だけではメンバーそれぞれが個人で活躍する数に物足りなさを感じるファンも多数出てくるのではないでしょうか。

 例えば大野くんの魚釣り動画、二宮くんのゲーム実況など、ネット動画の特性を活かし、かつファンも喜びそうな映像を届けることができるわけです。5人揃わなくとも、各々が好きなカタチで登場する可能性も、ないとはいえません。ほかのグループが後に続くことも含めて、今後の展開には期待したいところです」

 いよいよネットの海に本格的に乗り出したジャニーズの活躍ぶりには期待しかなさそうだ。

<取材・文/渋谷恭太郎>

週刊女性PRIME

「解禁」をもっと詳しく

「解禁」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ