桐山零の成長やいじめ問題などあらゆるテーマが展開する第2シーズンがいよいよスタート! 『3月のライオン』第23話より場面カット&あらすじが到着!

10月13日(金)17時0分 アニメイトタイムズ

高校生プロ棋士の主人公と彼を巡る人々との交流を描いた、羽海野チカ先生原作の大人気漫画『3月のライオン』。そのTVアニメ第2シリーズが2017年10月14日よりNHK総合テレビにてスタート!

主人公・桐山零(CV:河西健吾)が成長していく姿や、いじめ問題についてなど、あらゆるテーマが展開されていきます。

そんな本作より、第23話(第2シーズン第1話)の場面カット&あらすじが到着しましたので、ご紹介します。第23話
東京の下町・六月町に一人で暮らす桐山零は、高校生にしてプロの将棋棋士。放課後理科クラブと将棋部を合体させた「将科部」では、零は、部員たちに将棋を教えたり、ラムネの手作りを教わったりと順調に活動していく。

学校の中にできたあたたかな居場所に喜びをかみしめる零。ラムネを手に、もうひとつのあたたかな居場所、川本家へと向かう。

【第23話制作スタッフ】
監督:新房昭之
脚本:木澤行人
絵コンテ:大谷肇
演出:大谷肇
キャラクターデザイン:杉山延寛
美術設定:名倉靖博
美術監督:田村せいき
音響監督:亀山俊樹
音楽:橋本由香利
アニメーション制作:シャフト

■『3月のライオン』第2シリーズ全体あらすじ
高校生プロ将棋棋士・桐山零の成長を描くアニメの第2シリーズ。厳しい勝負が続く中、零のよりどころである川本家の次女・ひなたが、中学校でのいじめに巻き込まれていた……。

アニメイトタイムズ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

成長をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ