チャニング・テイタム主演『X−MEN』スピンオフ、2019年2月全米公開

10月13日(金)15時35分 クランクイン!

チャニング・テイタム主演『X-MEN』スピンオフ『ガンビット』は2019年2月に全米公開(C) AFLO

写真を拡大

 映画『マジック・マイク』シリーズの俳優チャニング・テイタムがタイトルネームのヒーローを演じる映画『X−MEN』スピンオフの『Gambit(原題)』。2019年2月14日(現地時間)のバレンタインデーに全米公開されることに決まったという。Deadlineが伝えた。 この2019年2月14日は、米20世紀フォックスが先に発表していたタイトル未定のマーベル映画枠の1つだ。ガンビットは「X−MEN」チームの要ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)が主人公のスピンオフ『ウルヴァリン:X−MEN ZERO』(09)にも登場したキャラクター。「X−MEN」メンバーで、物体が持つ潜在的なエネルギーを動的エネルギーに変換して自由自在に操ることのできるパワーを持つミュータントだ。『ウルヴァリン:X−MEN ZERO』では俳優テイラー・キッチュが演じた。

 『Gambit(原題)』については、先に映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14)のダグ・リーマンや『猿の惑星/創世記〈ジェネシス〉』(11)のルパート・ワイアットが監督候補に挙がっていたが、Deadlineによると、映画『ローン・レンジャー』(13)のゴア・ヴァービンスキーが現在、メガホンを取るべく契約交渉に入っているとのことだ。

 2015年に制作されることが決まって以来、紆余曲折を経てようやく、『X−MEN』シリーズに仲間入りする新シリーズが本格的に動き出す気配を見せている。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

スピンオフをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ