米アニメ『KUBO/クボ』主題歌、“三味線”吉田兄弟に決定! ビートルズ名曲をカバー

10月13日(金)20時30分 クランクイン!

映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』で日本語吹替え版の主題歌を演奏する吉田兄弟(c)2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.

写真を拡大

 『ティム・バートンのコープスブライド』『コララインとボタンの魔女』を手掛けた米アニメーションスタジオのスタジオライカが日本を舞台に描くストップモーションアニメ映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』の日本語吹き替え版の主題歌を、世界的三味線奏者の吉田兄弟が担当することが決定した。 古き日本の情感あふれる日本の風景や風習を描いた本作は、本年度アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞のノミネート、アニー賞3冠受賞など映画賞を総なめした話題作。魔法の三味線と折り紙を操る片目の少年が、自身の出生の秘密を追って壮大な冒険に挑むさまを描く。監督は、『トランスフォーマー』シリーズ最新作公開を控えるトラヴィス・ナイトが務める。

 今回の吉田兄弟とのコラボレーションは、舞台が日本ということ、また主人公のクボが三味線を操る少年ということもあり、制作のスタジオライカからのラブコールで実現。吉田兄弟自身もオファー前にスペイン公開時に劇場で観賞する機会があり「この映画と何か一緒にやってみたい」と思っていたという。

 今回の主題歌決定にあたって吉田兄弟は三味線を持った主人公が登場する映画の登場と、その作品に関わることができた喜びを語りながら、作品の日本描写の素晴らしさを絶賛。さらに本作の見どころを「ラストのエンドロールで流れる僕らの曲にも是非ご注目ください。映画の力強さに負けないように弾いています!」とアピールする。

 今回コラボレーションする楽曲は、ビートルズの名曲として有名な「While My Guitar Gently Weeps」。本国版のエンディング楽曲は、米女性シンガーのレジーナ・スペクターが歌い、日本語吹替え版では吉田兄弟の美しい三味線の音色で、大胆なカバーにチャレンジしている。

 この曲はもともと以前にカバーした経験もあり、安心してプレーに臨んだという吉田兄弟。「以前から映画の楽曲作りにはとても興味があったので、楽しみながら演奏させてもらいました。本編とともに、より深く日本を感じていただければ嬉しいです。」とコメントしている。

 映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』は11月18日全国公開。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アニメをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ