冨永愛、『グランメゾン東京』出演決定 木村拓哉の過去に深く関わる雑誌編集長に

10月13日(日)4時0分 クランクイン!

 モデルで女優の冨永愛が、10月20日スタートの木村拓哉主演ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系/毎週日曜21時)に出演することが発表された。冨永は民放ゴールデン帯の連続ドラマ初挑戦となる。 本作は、挫折したフランス料理シェフがもう一度夢に向かう“大人の青春”をかけたヒューマンストーリー。木村が演じる型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹は、パリに自分の店を持ち、二つ星を獲得するが、己の慢心から招いた事件によりその座を追われ、店も仲間も失ってしまう。どん底まで転落した尾花が鈴木京香演じる女性シェフ・早見倫子との出会いをきっかけに、世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描いていく。木村と鈴木のほか、Kis‐My‐Ft2の玉森裕太尾上菊之助、及川光博、沢村一樹が脇を固める。

 冨永が演じるのは、世界的なグルメ雑誌「マリ・クレール ダイニング」で編集長を務めるリンダ・真知子・リシャール。リンダは、尾花も認める生粋の料理愛好家で、その発言が世界のレストランに多大な影響力を持つという凄腕の編集長。一方で、3年前に尾花が起こした事件の真相を追い、尾花に接近する謎多き女性だ。

 冨永は木村との共演について「これまで面識はありませんでしたが、どんなセッションをしていけるのか、凄く楽しみです」と期待を口にすると、自身の役柄について「非常に“信念を持っている女性”なので、その人物像をしっかりと表現できるようにしていきたいです」とコメント。また劇中のファッションについて「リンダはパリ生まれパリ育ちなので、ファッションも大好きな人物だと思います」と話すと「パリの最前線で働く女性像を考えながら、そのあたり(ファッション)も工夫していければと思っています」と明かした。

 日曜劇場『グランメゾン東京』は、TBS系にて10月20日より毎週日曜21時放送(初回25分拡大)。

クランクイン!

「冨永愛」をもっと詳しく

「冨永愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ