「キュートなのに色気がすごい!」 注目美少女・武田あやな、網タイツ&GANTZグラビアが大評判

10月13日(木)17時30分 メンズサイゾー

 モデルの武田あやな(21)が13日発売の「週刊ヤングジャンプ」(集英社)の表紙・巻頭・巻末グラビアを飾り、注目を集めている。


 3カ月前に同誌初登場を果たした武田。7月のグラビアではセクシーな黒ビキニや眩しい白ビキニを身に着けて「夏のニューヒロイン誕生!」と話題をさらったが、今回もまた男性ファンを刺激したようだ。


 前回同様、巻頭&巻末合わせて16ページという大ボリュームのグラビアは、ロケ地も同じ沖縄。台風の直撃と重なったために室内でのショットが豊富だが、ベッドの上での網タイツショットなどは思わずドキっとするほど色っぽい。さらに、白いビキニでベッドの上で四つん這いになり、上半身はシーツにつけ、腰だけを持ち上げたポーズなどはカラダの曲線も美しく、まさにモデルの本領発揮といったところ。もちろんビーチでの爽やかなビキニカットもあり、可愛らしさとセクシーさが合わさった仕上がりだ。


 巻末では、フル3DCGアニメ映画として話題の『GANTZ:O』の公開を記念したコラボレーション企画を実施。露出度高めのGANTZスーツを身にまとい、しなやかな肢体を見せつけている。首周りや太もも、足元などはGANTZの世界観そのままガジェット感あふれるものながら、カラダの方は黒やグレーのビキニという、異質だからこそ武田のセクシーさが際立つグラビアになっている。


 これらのグラビアに、ネット上のファンからは「やっぱり可愛い」「キュートなのに色気がすごい!」「プリケツがたまらん」「網タイツ姿がエロすぎる」といった絶賛の声が殺到。ムチムチ好きには少々物足りないようだが、クールな美少女に目がない男性にはドンピシャだと評判だ。


 14年にファッション誌「Ranzuki」(ぶんか社)の専属モデルとなり、初登場で初表紙という鮮烈なデビューを果たした武田。以降、「あやなん」の愛称で親しまれた彼女は、身長160センチでスリーサイズは上からB73・W58・H85(cm)のスレンダーボディと可愛らしい顔立ちで瞬く間に読者の支持を集めた。


 モデル業中心だった彼女に男性ファンは少なかったが、今春、「渚」にまつわる活動を展開する団体のイメージガールに選ばれ、さまざまなイベントでビキニショットを披露。「週刊プレイボーイ」(集英社)で初の水着グラビアに挑戦すると、一気に男性人気が拡大した。


 そして7月に数々のイツザイを発掘してきた「ヤンジャン」の表紙に登場。今回のグラビアも絶賛されており、ますます人気を高めそうだ。


 「Ranzuki」は卒業したが、すでに「JELLY」(ぶんか社)の専属モデルが決定し、17日発売の12月号から登場する。これを告知するツイートでは、今回の「ヤンジャン」グラビアにも触れながら、「ここで一気に行きたい」と並々ならぬ意気込みを見せている。最近のインタビューでは、バラエティやドラマでの活躍が目標だと語っていた武田。グラビア界の新星と注目を集めるが、さまざまなシーンでも旋風を巻き起こしてほしいところだ。
(文=愉快)

メンズサイゾー

「グラビア」をもっと詳しく

「グラビア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ