ミニスカポリスの水谷彩咲「気づいたらアイドルになっていた」

10月13日(水)22時0分 マイナビニュース

グラビアアイドルの水谷彩咲がこのほど、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD『Smile Beauty』(発売中 4,180円税込 発売元:ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントを行った。
18代目ミニスカポリスのメンバーとして活躍している水谷彩咲。168cmと女性にしては高身長で上からB78・W57・H87というスレンダーボディにEカップのバストに加え、ショートカットが魅力の26歳だ。初めてのグラビアDVDとなる本作は、絶世の8頭身美女の極上ボディが南の島で弾けまくるなど、水谷の魅力が凝縮されている。
ファンから評判だという競泳水着で取材会場に現れた水谷は「恥ずかしいですね。あんまり慣れてないし1stDVDなので撮影もめちゃくちゃ緊張しました」としつつ、「キレイに撮っていただいたのでうれしく思っています」と笑顔。設定は18代目ミニスカポリスということで警官の水谷が休日に彼氏と過ごすシチュエーションだといい、「色んな人から『攻めているね』と言われました」と1stDVDからセクシーさ満載だという。恥ずかしかったシーンは「全体的に恥ずかしかったです(笑)」と乙女の顔を覗かせつつ「お風呂の泡のシーンは恥ずかしかったですね。泡で洗ってもらうんですが初めてだったので」と赤面した。
グラビアは昨年応募してファイナルまで残った「ミスFLASH2021」のオーディションが初めてだったという水谷。「グラビアは興味もなく知らない世界でしたが、マネージャーから受けてみないかと言われて応募しました。いただいたお仕事は断らないタイプなんです。人生1回きりだしやれることはやろうと思って。去年に比べたらめちゃくちゃ成長していると思います」と語った。
現在、ミニスカポリスのメンバーとして活躍中で、「小学生の頃からモーニング娘。が大好きでファンクラブに入り、中高の時はイベントに行っていました。アイドルに興味は漠然とあったんですが、気づいたら自分がアイドルになっていました(笑)」と明かしつつ、「雑誌の巻頭ページや表紙を飾れるような人になりたいです」とグラドルとしての抱負も語っていた。

マイナビニュース

「アイドル」をもっと詳しく

「アイドル」のニュース

「アイドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ