新垣結衣×広末涼子×永野芽郁のコンプレックスとは 恋愛観から私生活まで語り合う<ボクらの時代>

10月13日(金)16時0分 モデルプレス

(左から)広末涼子、新垣結衣、永野芽郁 (C)フジテレビ

写真を拡大

【新垣結衣・広末涼子・永野芽郁/モデルプレス=10月13日】女優の新垣結衣・広末涼子・永野芽郁が、15日放送の「ボクらの時代」(あさ7時〜/フジテレビ系)に出演。映画「ミックス。」10月21日公開)で共演して、最近親交を深めたという3人が、仕事、恋愛・結婚観、私生活のことまで語る。

永野から「主役やヒロインはプレッシャ−を感じますか?」と問われた新垣は、「やればやる程感じる気がする。作品の顔としてちゃんとあらねばって。10代の時よりも思うようになった」と語り、「でも、自分でどう打破すべきか方法はわからないけど、現場に入ったらいつも助けてくれる人がいる。この人がいたから乗り切れたなって」と自身がこれまで感じてきたプレッシャーについて告白。加えて、それに打ち勝ってきた方法も明らかにする。

◆母になって変わったこと

一方、3児の母である広末は、新垣に「お母さんになって変わったことってありますか?」と聞かれると、「すごく楽になったよ」と回答。

「今までは気付いていなかったけど、1人のときはやはり仕事が大事で、プライベートでも役のことも気になったりしていたけど、母親になり、仕事以外に自分の居場所ややるべきことがたくさんあるし、時間もないから、集中力増してる!」と母親になった心情の変化を語る。

◆新垣結衣・広末涼子・永野芽郁のコンプレックスとは

そして、新垣に「瞳が茶色っぽくてきれい」と褒められた永野が、「私、エマ・ワトソンになりたいんです!本当になりたいんです!」と憧れの女性に近づくための熱い思いを語ったことから、それぞれ「こうなりたかった!」と、自らのコンプレックスについてトークを展開。

さらに、2018年度のNHK朝ドラヒロインを務める永野が「周りの人から大変だ、大変だ、絶対大変だ!って言われて、どうしよう。プレッシャ−に打ち勝つ方法教えてください!」と先輩2人にアドバイスを求める場面も。ほかにも、仕事、恋愛など貴重なトークを繰り広げる。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

永野をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ