米倉涼子主演「ドクターX」新シリーズ初回視聴率発表<コメント到着>

10月13日(金)11時10分 モデルプレス

米倉涼子 (C)モデルプレス

写真を拡大

【ドクターX/モデルプレス=10月13日】女優の米倉涼子が主演を務めるテレビ朝日系新ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(毎週木曜よる9時〜※初回15分拡大)が12日に放送スタートし、初回放送の平均視聴率は20.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。

これまでのシリーズでは、回を追うごとに高視聴率を獲得してきた同作。第5シリーズも、前年の初回放送平均視聴率の20.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を上回る結果を記録し、好発進となった。

米倉は、「はじめはシリーズ5に戸惑いもあったので、この結果を素直に嬉しく思います」とコメント。「正直自分でもビックリですが、こんなにも『ドクターX』を待ってくれていたんだ、と改めて実感しました。支えてくれている全てのキャストとスタッフのお陰です。ありがとう」と感謝し、「これからも頑張ります」と第5シリーズへの意気込みを語った。

◆「ドクターX」新シリーズ

同作は、米倉演じる天才外科医・大門未知子が病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む姿を描いた医療ドラマ。

2012年10月〜12月に第1シーズンが放送され、その後シーズン4まで制作された人気作。新シーズンでは新たな権力争いが渦巻く大学病院を舞台に、“失敗しない”大門が薄汚れた組織と真っ向から立ち向かっていく。

第1話では、物語の舞台となる東帝大学病院に「患者ファースト」を掲げる初の女性院長(大地真央)がやってくる。その女性院長が患者との“略奪不倫”を週刊誌に報じられるという、時事ネタを絡めたストーリー展開に反響が寄せられている。毎シーズン恒例となった大門(米倉涼子)のセリフ「私、失敗しないので」が飛び出した時は、視聴者がネット上で大きな盛り上がりを見せていた。

またかつて未知子に憧れ、医局を飛び出した外科医・森本光(田中圭)も第1シリーズ以来の登場となり、今後の大門との絡みに期待の声も上がっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

視聴率をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ