「保毛尾田保毛男騒動」番組の謝罪が無く炎上

10月13日(金)11時0分 まいじつ


(C)まいじつ



10月12日にバラエティー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が放送された。セクシャル・マイノリティ(LGBT)への配慮が足りないと炎上した“保毛尾田保毛男騒動”が起こってから初の放送だったが、番組内でフジテレビや『とんねるず』からの謝罪が無かったことで、視聴者から疑問の声が上がっている。


【関連】 「保毛尾田保毛男」騒動をトドメにとんねるず番組終了か


この日の企画は、以前からある『チャチャットキッチン』だった。ゲストの藤井フミヤ、大鶴義丹、安田美沙子、新川優愛らが、自らが考案したそうめん、うどん、パスタの簡単なメニューをスタジオ内で披露し、お互いに品評し合うというものだ。


歌手や俳優として芸能界でキャリアを積んだ藤井や大鶴をゲストに迎えたからか、とんねるずが得意とする“いじり”は影を潜めた。そのため、ツイッターでは《番組側が細部に配慮した制作内容にしている》という想像が書き込まれていた。



「番組内では謝罪しないのか」と批判


そして、番組内では最後まで“保毛尾田保毛男騒動”について謝罪する場面がなかったことから、SNS上では非難の投稿や辛らつな意見が寄せられた。



《番組内で謝罪やらんのか、クソかよ》

《こんなぬるい料理企画してる場合かよ。打ち切り危機になるわ》

《謝罪なしで平気で放送するとんねるず、フジテレビあきれる》

《料理作る前に謝罪だろ》



番組内では、安田美沙子の夫の不倫騒動や大鶴義丹の離婚といった話題で盛り上がったが、内輪ネタの域を出ないものだったため、とんねるずの芸そのものに対しても非難する投稿があった。



《他の芸人に何かやらせてるか、飯食ってるかのどちらか。結局、とんねるずは仕事してない》



前回の放送後にLGBTの支援者らは「性的少数者への差別や偏見を助長している。学校で子供たちが危険にさらされる可能性がある」とフジテレビに抗議をしている。これに対してフジテレビの宮内正喜社長は「差別の意図はなかったが、不快な思いをされた方がいることは真摯に受け止め、今後の番組作りに生かしていきたい」と謝罪していた。


だが、宮内社長の謝罪もむなしく、みなさんのおかげでしたが信頼を回復させるには至らなかったようだ。



まいじつ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

番組をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ