山崎賢人と橋本環奈も踊った! ゆず、新曲の“双子ダンス”が新たなムーブメントを起こしそう

10月13日(金)18時47分 ねとらぼ

「テレパシー」で思いが伝わるかも?(画像はYouTubeから)

写真を拡大

 フォークデュオ・ゆずの新曲で、映画「斉木楠雄のΨ難」(10月21日公開)の主題歌「恋、弾けました。」が10月13日に発売され、YouTubeではゆずの2人が息の合った“双子ダンス”を踊るMVが公開されています。絶対はやる。
 全てがピンクと白の水玉模様で彩られた世界で、ゆずの2人も同じ配色のスーツとハットのギターで登場。「トキメキに戸惑ってるんだ」「テレパシー」といった歌詞とともに、向かい合っての両手の指先を合わせたり、背中を合わせて両手を振るなど息の合ったダンスを披露しており、両手を頭に掲げて親指を立てる「斉木楠雄ポーズ」など映画の要素も盛り込まれた内容となっています。
 同曲の配信版ジャケットは、「斉木楠雄のΨ難」原作者の麻生周一さんがイラストを担当。Twitterで同曲を紹介しつつも、「……僕で大丈夫か!?」と少々謙遜していました。
 また、同日に放送された情報エンターテインメント番組「ZIP!」で、同作の主演を務める俳優の山崎賢人さんと、ヒロイン役を務める女優の橋本環奈さんが“双子ダンス”を披露したことでも話題に。YouTubeでは、ゆずの2人が踊る映像を使ったダンスレクチャー動画も公開されています。

ねとらぼ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ゆずをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ