漫画家・高畠エナガさん、29歳で死去 ミラクルジャンプなどで連載

10月13日(金)21時44分 ねとらぼ

日本漫画家協会による発表

写真を拡大

 漫画家の高畠エナガさんが、今年(2017年)の8月21日に脳梗塞で亡くなっていたことが分かりました。家族からの報告を受け、日本漫画家協会が10月12日、公式サイトで発表したもの。29歳でした。
 2011年に『Reversi』(ジャンプスクエア)で漫画家デビュー。デビュー以前にもWebを中心に、数多くの漫画作品を発表していました。直近では、スーパーダッシュ&ゴーで『人魚の花籠』、ミラクルジャンプで『GODSPEED』を連載。
 葬儀は8月24日に、七十七日法要は10月7日に、近親者のみで行われたとのこと。Twitter上では「ショックだ……」「もう新しい物語が読めないなんて信じられません」など29歳という若さに驚く声が多数。本人によるTwitter投稿は8月14日が最後となっていました。

ねとらぼ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

高畠エナガをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ