香取慎吾が独立後初イベ!敏腕マネジャーはPR指令

10月13日(金)22時6分 日刊スポーツ

笑顔で写真に納まる作家として出席した香取慎吾(撮影・横山健太)

写真を拡大


 9月にジャニーズ事務所から独立した元SMAP香取慎吾(40)が13日、東京・青山スパイラルホールで企画展「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」(日本財団主催)の出展作家を紹介するレセプションに出席した。独立後、取材陣の前に姿を見せたのは初めて。
 この日開幕した同展は、障害者の芸術文化支援を目的としており、障害者や現代美術家など23人の作品を展示する。香取は、その「作家」の1人として登壇した。司会に呼ばれると、何度も会釈をしながら登場。「皆さん、こんばんは。作家の香取慎吾です」。さらに「作家…作家と紹介されるなんて、すごくおこがましく、しかし正直すごくうれしいです」と続けて照れ笑いした。
 SMAP時代から、イラストや絵画などの制作を得意にしていたが、展覧会への出品は初めて。「こんなにすばらしいアーティストの方々と一緒に飾られると思うと、とても幸せです」と喜んだ。あいさつを終えると、「31日まで開催です。僕も何回も来ますので。僕と、ここ(会場)で握手!」と戦隊ヒーロー風にアピールした。舞台から一時的に降りる場面では、障害者の作家の手を取って移動をサポートしたり、別の現代美術作家と談笑したりする一幕もあった。
 独立後初のイベント出演を終えた心境を聞かれると「すごくうれしいです。新しいこと、始まってます」と再び笑顔を見せた。SMAPが務めていた2020年東京パラリンピック支援の「日本財団パラリンピックサポートセンター」応援サポーター再就任の可能性を聞かれると「これからもこういう形でアートに関われたら思います」とだけ答えた。
 会場には、香取と草なぎ剛(43)稲垣吾郎(43)が新たにパートナーシップを結ぶ「CULEN(カレン)」の代表で、元SMAPマネジャーの女性も姿を見せた。今後の香取について、「芸術家としてだけでなく芸能活動ももちろんしていきます」。3人の今後については「(芸歴が)それぞれ長いですし、対等なパートナーとしてやっていきます。もちろん皆さんのお力添えがあってこそ。オファーお待ちしています」と話した。
 ジャニーズ事務所時代に敏腕マネジャーとして知られたが、この日も取材陣と別れる際、「今日の(レセプションの)ことも、ちゃんと書いてくださいね」と笑顔で呼びかけていた。
 ※草なぎのなぎは弓ヘンに前の旧字の下に刀

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

香取慎吾をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ