米倉涼子「ドクターX」失敗しない20・9%好発進

10月13日(金)10時4分 日刊スポーツ

テレビ朝日系連続ドラマ「ドクターX」の制作発表に出席した主演の米倉涼子

写真を拡大


 12日に放送された、女優米倉涼子(42)主演のテレビ朝日系ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(木曜午後9時)の初回が20・9%(関東地区)の高視聴率だったことが、13日、ビデオリサーチの調べでわかった。今年放送された民放連続ドラマでは1位。
 米倉演じる「私失敗しないので」が決めぜりふの天才外科医・大門未知子の人気シリーズ第5弾。過去4シリーズの平均視聴率は、19・1%、23・0%、22・9%、21・5%と全作通して高い数字を記録している。今回、新キャストとして野村周平、永山絢斗、陣内孝則、草刈正雄が出演。また、第1シリーズ以来、5年ぶりに田中圭と段田安則が出演する。豪華布陣で今作もどれだけ視聴率を伸ばすのか、注目される。 
 初回は 露天風呂へ足を運んだフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)。路線バスに乗車中、運転手の車田一久(松澤一之)が意識を失い、心肺停止状態に陥ってしまう。慌ててバスを停めた未知子は、麓の病院へと運び込む。そこの医師は、かつて未知子に憧れ、医局を飛び出した森本光(田中圭)だった。未知子は森本を助手にして、オペで救命処置を行う。
 一方、東帝大学病院では初の女性院長・志村まどか(大地真央)が、大改革を推し進めていた。その東帝大学病院に、なぜか未知子が出現する、という内容だった。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

ドクターXをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ