ピース又吉、米留学の綾部と「まだ連絡とってない」

10月13日(金)18時46分 日刊スポーツ

舞台あいさつに登壇した(左から)しずる・村上純、渋谷凪咲、ピース・又吉、太田勇監督

写真を拡大


 お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹(37)が13日、JR京都駅前のT・ジョイ京都で上映された「海辺の週刊大衆」(公開日未定)の舞台あいさつを行い、2日前に渡米した相方の綾部祐二(39)とは「まだ連絡をとってない」と明かした。
 綾部は11日にニューヨークへ向けて出発し、その後、ツイッターで到着を報告。相方の渡米後、初の公の場になった又吉は、退場時に報道陣からの問い掛けにこたえ「見送りには行った」と話したが、連絡は「まだとってないです」と話した。
 同映画は、15日まで京都市内各所で開催中の「京都国際映画祭」の中で上映されたもの。映画は「週刊大衆」1冊だけを手に、無人島でサバイバル生活を送る男を描き、又吉が主演。ヒロインはNMB48の渋谷凪咲(21)が務めた。
 又吉は渋谷、太田勇監督らとともに登壇。観客から「今、幸せですか」と質問を浴びると、笑顔で「やりたいこともやらせてもらっているし、すごい幸せです」と返した。
 これに対し、しずる・村上純(36)がすかさず「ようやく1人になりましたもんね」とつっこみ。又吉は「1人になりたかったわけじゃない」と応じ、「あ、綾部さんが3日ほど前に旅立ちました。アメリカに行きました」と観客に、あらためて報告した。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

連絡をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ