清水容疑者10日前に不可解言動、父アキラ謝罪会見

10月13日(金)7時24分 日刊スポーツ

タレントの清水良太郎容疑者が逮捕され、謝罪会見に現れた父、清水アキラ(撮影・滝沢徹郎)

写真を拡大


 三男のタレント清水良太郎容疑者(29)の逮捕を受け12日夜、父清水アキラ(63)が会見した。「バカヤローです」と涙を何度も流しながら謝罪した。事務所から解雇するとし、崖っぷちからはい上がってくるしかないと突き放した。
 アキラは、良太郎容疑者らも住む都内の自宅前で、涙で何度も顔をゆがめ約30分間、会見した。10日に良太郎容疑者が任意同行から帰宅した時、目白署で尿検査を受けたことから「『お前大丈夫か?』と聞いたら、『何もないよ』と。1度はその言葉を信じていたけど…」と肩を落とした。
 良太郎容疑者は今年2月に違法カジノ店に出入りしたことが発覚。4カ月間芸能活動を休止し、6月に復帰したばかり。「バカヤローとしか言いようがない。本当にバカヤロー。もうあいつのことを信じることもできない」と言い切った。
 芸能界で最近薬物事件が相次いだことから、家族で話し合い“確認”したこともあった。アキラは「気をつけないといけないよ、と(言った)。妻も『(薬物を)してないよね?』と言ったが、(良太郎容疑者は)『そんなことやるわけないでしょ』」と話した。

 最近、おかしな言動もあったという。「10日くらい前に1度、私のことを怒鳴ったことがあった。そんなこと今までなかった。ゴルフのマナーが悪かったので、(アキラが)ふざけるなと言ったら。本人も『事務所を辞める』と」。覚醒剤をすでに使っていた可能性を取材陣から聞かれると「そう言われれば、そうなのかも。でも(薬物使用を疑うような)何か気になるようなことはなかった」。
 今後についてアキラは「自分の事務所はクビにします。それからどうするかは、崖っぷちから落ちてしまったのだから、あとは自分の力ではい上がっていくしかない。本当に情けない…」と振り絞るような声で、突き放した。良太郎容疑者は兄、清水友人氏が社長を務め、アキラが看板タレントの事務所「清水エイジェンシー」に所属している。
 この日はアキラの妻で、良太郎容疑者の母が腰の手術を受ける日で、アキラも日中は病院で付き添っていた。「麻酔がとけて目を開けた時、ポロポロ泣いてました」。涙を流し「バカヤローと突き放したいですけど家族ですから。私の育てかたがダメだったんだと思う。厳しくて、何かあればひっぱたいたりもしたけど、それが逆にウソつきにしてしまったのかも」と複雑な心境をのぞかせた。
 面会については「全然そんな気はない。話もしたくない」とし、アキラ自身の仕事への影響については「それはしょうがない。自分の子供ですから。清水家、もう1度最初からやり直しです」と話した。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

謝罪をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ