ドラマ『Doctor-X』最新作が前年上回るロケットスタート

10月13日(金)20時25分 RBB TODAY

ドラマ『Doctor-X』最新作が前年上回るロケットスタート

写真を拡大

テレビ朝日系にて12日よりスタートしたドラマ『Doctor-X〜外科医・大門未知子〜』が初回放送で平均視聴率20.9%の好スタートを切ったことが分かった(※関東地区ビデオリサーチ調べ)。

 同ドラマは、米倉涼子扮する大門未知子の人気シリーズ最新作。12日放送では、好調な平均視聴率に加えて、シェア31.7%、毎分最高視聴率は22時1分の23.8%で同時間帯トップとなる高視聴率を獲得し、前年の初回(20.4%)を上回るスタートとなった。

 主演の米倉もこの結果に、「はじめはシリーズ5に戸惑いもあったので、この結果を素直に嬉しく思います」「正直自分でもビックリですが、こんなにも『ドクターX』を待ってくれていたんだ、と改めて実感しました」と、シリーズ最新作の人気ぶりを喜んでいる。『Doctor-X〜外科医・大門未知子〜』は、毎週木曜日よる9時よりテレビ朝日系列にて放送。

RBB TODAY

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ドラマをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ