元ラガーマン俳優・佳久創 キーマンに福岡堅樹を指名「これまで以上にバックスの活躍がカギ」

10月13日(日)5時38分 スポーツニッポン

ラグビーを題材としたドラマ「ノーサイド・ゲーム」に出演した俳優・佳久創

写真を拡大

 ◇ラグビーW杯1次リーグA組 日本—スコットランド(2019年10月13日 日産ス)

 TBSドラマ「ノーサイド・ゲーム」に出演した元ラガーマンの俳優佳久創(かく・そう、28)は、スコットランド戦のキーマンにWTB(ウイング)の福岡堅樹(27)を挙げた。

 明治大、トヨタ自動車などで自身もウイングとしてプレー。「これまで以上にバックスの活躍がカギを握る試合。アイルランドに勝った実力を発揮できれば、必ず決勝トーナメントに行ける」と力を込めた。

 4年前の前回大会では10対45で大敗。それでも「前回とは試合間隔もチームのメンタルも違う」と日本の勝利を確信していた。今大会の躍進を受け、周囲でもラグビーの話題が増えていることを実感。「自国開催でファンの声援が力になっていると思うので、歴史的快挙を成し遂げてほしい」と語った。

スポーツニッポン

「福岡堅樹」をもっと詳しく

「福岡堅樹」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ