元プロ野球選手、現役時から現在までの金銭事情を告白 「税金で…」

10月13日(日)5時46分 しらべぇ

お金(high-number/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「夢のある仕事」の代表格である野球選手。その年俸は、契約更改の際に(金額は推定)の文言とともに報じられるが、振り込まれたあとの使い道についてはあまり知られていないのでは。

このことについて元千葉ロッテマリーンズの捕手で、現在は野球解説者として人気を集める里崎智也氏が自身のYouTubeチャンネルにアップした動画が注目を集めている。


■元スター選手の金銭事情は…

大学卒業後、ドラフト2位で入団した里崎氏。「契約金1億円(出来高5000万円)」「年俸1,300万円」という野球選手ならではな契約内容だが、源泉徴収で引かれて残った8,000万円から1,300万円程度のベンツを購入したという。

早速、高額のお買い物となったようだが、そこには「良いものを知ったら値段安くても良いものがわかる」という想いがあったようで、それ以降、購入した車はすべて一台目より安いものになったそうだ。


関連記事:そこまでやる?プロスポーツ選手の「推定」年俸報道に違和感を持つ人は35.1%

■後輩には羽振り良く、私生活は質素に

最高年俸約2億円、生涯獲得金額は約15億円だったと言う里崎氏。チームの中心として活躍し始めると「使っても使っても減らない」という状況になったそうだが、「税金40%/貯蓄40%/使用20%」というルールを決めて堅実に貯金。

後輩たちをごはんに連れて行ったり、ゴルフに連れて行ったりと周囲に使うときは羽振り良くしても、ひとりでいるときは「超質素」に暮らしていたそうで、「スーパーに行けば割引のものを買う」「下着はユニクロ」などの生活だったようだ。

なお、引退した現在は千葉県にあるアウトレットに足を運んでいるそうで、月に自分のために使うお金は3〜5万円程度。車を除けば単価で10万円を超えるものは買っていないと語った。

■「税金で4000万」「アウトレット行くんだ」

スター選手でありながらも、堅実さを見せた里崎氏。コメント欄では驚きの声が相次いだ。

「高いもの買うと安くて良いものがわかる。これ名言かもしれない」


「税金で4000万……」


「里崎さんも先輩に色々出してもらってたからこそ後輩連れてご飯とか行ってたんでしょうね」


「哲学が好感。想像通りっていうか。外では羽振りよく、大事ですね」


「まさか里崎の口から酒々井のアウトレットって聞くとわ…」


■約2割がお金で人生の歯車が

高額年俸で知られる野球選手だが、現役時代の金銭感覚を修正できず、引退後に経済的に困窮してしまう人も少なくない。

ちなみにしらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,721名を対象に調査したところ、全体の16.7%が「お金で人生を狂わされた経験がある」と回答した。

現在、野球解説者として大活躍しながらも、YouTuberなど新しい分野にも挑戦している里崎氏。これも、将来を見据えた考えの末なのだろうか。


・合わせて読みたい→現役続行濃厚に批判の斎藤佑樹 「かつての輝き」を取り戻せる?


(文/しらべぇ編集部・宝田洸太



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年5月17日〜2019年5月22日

対象:全国10代〜60代の男女1,721名 (有効回答数)

しらべぇ

「プロ野球」をもっと詳しく

「プロ野球」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ