『斉木楠雄のΨ難』地上波初登場 橋本環奈演じる“照橋”が人気上昇「おっふ」飛び交う

10月13日(土)15時15分 Techinsight

『斉木楠雄のΨ難』の一場面、山崎賢人と橋本環奈(画像は『ミアちゃん@金曜ロードSHOW! 公式 2018年10月12日付Twitter「続き 撮影中は、事前に録音された“心の声”を流しながら演技をしたという俳優陣」』のスクリーンショット)

写真を拡大

映画『斉木楠雄のΨ難』が2017年10月21日の劇場公開から約1年、10月12日に日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で地上波初登場した。本作は『週刊少年ジャンプ』で連載された麻生周一氏によるギャグ漫画をもとに実写化したもので、福田雄一監督のこだわりとキャストの熱い演技により原作の世界観をさらに昇華させた力作である。

福田監督がオンエア中にSNSで「すごっ!! 1位、爆走中っっ!! 照橋さん、6位」と“話題のツイート”で「1位 斉木楠雄」「6位 照橋(急上昇)」と表示された画像を公開、「テレビでしか橋本環奈を観たことがない方は、さぞかしビックリしていることでしょう」とつぶやくように、彼女の“顔芸”や“心の声”が見どころの1つだ。

主人公・斉木楠雄役を務めた山崎賢人は役柄からクールな表情に徹しなければならず、斉木につきまとうヒロイン・照橋心美を演じた橋本環奈とのシーンでは笑いをこらえるのが大変だったという。


橋本環奈と言えば、福田監督による映画『銀魂』シリーズの神楽役で鼻をほじったり、白目を剥く吹っ切れた演技を見せて話題となった。『斉木楠雄のΨ難』では“心の声”とリンクした様々な表情を見せてくれるが、その“顔芸”は『銀魂』と通じるものを感じる。

劇中では照橋心美の可愛さを目の当たりにした男子たちが反射的に「おっふ」と口にするのだが、斉木楠雄だけは彼女の“心の声”が聞こえるので好きになれず「おっふ」を理解できない設定だ。

『ミアちゃん@金曜ロードSHOW! 公式(kinro_ntv)ツイッター』でオンエアを紹介するなか「#おっふ」のタグを付けて照橋心美のアップを投稿すると、フォロワーから「おっふ ハマってます! 橋本環奈ちゃんカワユス!」「この俺様は漆黒の翼! おれは、おっふしないぜ…」「おっふってなんだろねーー!!! ワロタァァァ」「おっふってどうゆう意味なんですか?」と様々な反響があった。

画像は『ミアちゃん@金曜ロードSHOW! 公式 2018年10月12日付Twitter「続き 撮影中は、事前に録音された“心の声”を流しながら演技をしたという俳優陣」「#おっふ」』のスクリーンショット

Techinsight

「斉木楠雄のΨ難」をもっと詳しく

「斉木楠雄のΨ難」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ