「日本はもはや、奇跡を必要としない」ラグビー日本代表、海外メディアはどう見たか? そして南アが警戒する“3人”とは

10月14日(月)19時30分 文春オンライン

 まさに死闘だった。


 ラグビー日本代表は10月13日、横浜国際総合競技場でスコットランド代表と決勝トーナメント進出をかけて激突。28-21で勝利を収め、史上初の8強入りを果たした。


 この勝利を世界各国は「開催国日本の歴史的勝利」と、大々的に報じている。ともに決勝トーナメントへと進出した“強豪国”を中心に、それらの反応を見ていきたい。



©getty


ニュージーランドが感じた日本の「強さ」


 まずは世界ランキング1位(10月14日現在、以下同)、“ラグビー最強国”のニュージーランドから。日本代表のヘッドコーチ(HC)を務めるジェイミー・ジョセフ、そしてキャプテンのリーチマイケルがともにニュージーランド出身ということで、この2人にフォーカスを当てながら、日本の戦いぶりを絶賛する記事が目立った。


 なかでもニュージーランド・ヘラルド紙は「日本、スコットランドに崇高な勝利 準々決勝へ」と題し、次のように伝えた。


「ニュージーランド人HCのジェイミー・ジョセフ、同志でキャプテンのリーチマイケル、そして日本チーム全員が達成した偉業は祝われるべき出来事だ」


 同紙はスコットランド戦において、具智元選手が脇腹を痛めて途中退場したシーンにこそ、日本代表の真の「強さ」が表れていたと指摘した。



「具智元が退場を余儀なくされ、精神的に打撃を受けていたとき、チームの全メンバーが彼のもとに駆けつけ、ケアをしていた。日本チームは間違いなくまとまった完全なチームであり、まさにこのトーナメントに相応しい」


スコットランドの提訴騒動は「誰の心にも響かず」


 一方で、試合直前に報じられたスコットランドの「提訴騒動」については、次のように厳しく非難した。


「この試合が仮に台風で中止となっていたなら、スコットランドは怒り、憤慨し、提訴の準備に入っていたであろう。だが、彼等の主張は誰の心にも響かず——日本戦の後半での巻き返しがなければ——若干ばかばかしくも思えた。最終的には日本チームの半ば超人的なエネルギーに加え、(今大会において)最も素晴らしいスクランブル・ディフェンスによって敗退を喫した」



「日本にはもはや『恐れ』という言葉は存在しない」


 予選プールで日本に敗れながらも、A組2位で決勝トーナメント進出を決めたアイルランド(世界ランキング4位)のアイリッシュタイムズ紙は、「日本にはもはや『恐れ』という言葉は存在しない」とし、次のように報じた。


「日本の選手は、ウォームアップの後、皆でおだやかに集まって互いを抱え合う。冷静に言葉をかわし、互いの肩に指をかけながら、ゆっくりとピッチを歩く。矢印の形に隊列を組み、その矢印のてっぺんではキャプテンのリーチが歩き、日本全土からのエネルギーを身体にみなぎらせる。これはまさに一見に値する光景である。それと引き換え、スコットランドはそれぞれの選手がてんでばらばらにフィールドに入ってきて、お喋りをしていた」



オーストラリアは早くも日本を警戒


 同じくラグビー強豪国として知られるオーストラリア(世界ランキング6位)。シドニーモーニングヘラルド紙は、「この試合は日本ではもちろん、ラグビー界そしてスコットランドでも長く語り継がれる歴史的試合となるだろう」としながら、日本代表に対して早くも警戒を滲ませた。


「弱者に何かが無償で与えられることは絶対にない。Tier2と言われてきた日本はW杯の主催国となり、そのプレッシャー、さらには史上最大規模とも言われた台風に見舞われる中、迫りくる怒れるスコットランド勢に立ち向かわなければならなかった。その中で日本は初めて、準々決勝へと駒を進めたのだ。日本の素晴らしい攻撃、オフロードパスによって展開される試合はワラビーズ(オーストラリア・チーム)にとっても脅威を感じるものだった」


敗れたスコットランドも日本を絶賛


 一方、日本に敗れ、史上2度目の予選プール敗退となったスコットランドでも、日本の強さを称える報道が大勢を占めていた。



「ブレイブ・ブロッサムズ(日本チーム)は鋭いパスと鋭いオフロードを見せつけ、陶酔するようなラグビーでスコットランドを切り裂いた」(スコットランド・ヘラルド紙)


「スコットランドはアイルランドとの対戦で驚くほどの惨敗を喫した後、サモア戦(34-0)、ロシア戦(61-0)と好戦したが、日本戦でそれらの勝利がぬか喜びにすぎなかったことが露呈した。日本は粘り強く、最後まで強さを保ち続け、割れるような喝采を浴びた。スコットランドとしては、最高のメンバーが揃い、最も準備が整っているとされていた今回のW杯で予選敗退となり、大失敗としか言いようがない結果となった」(スコッツマン紙)



 ちなみに、スコットランド代表のタウンゼンドHCには、早くもファンを中心に退任論が吹き荒れている。


「タウンゼンドは退任だ。日本が先に進んだことは、良いことだと思っている。彼らは圧倒的に強いチームだった。我々は最低だった」(スコッツマン紙に掲載されたラグビーファンのコメント)


南アフリカが警戒する3人の日本人選手


 さて、日本は10月20日の日曜日、ベスト4進出をかけて南アフリカと対戦する。スコットランド戦を受けて、南ア現地では日本チームを警戒する報道が相次いでいる。なかでもスポーツメディア「sport24」は、日本ラグビーを次のように分析している。


「スコットランドを下した日本は、戦術的なボール捌きに加え、その正確な攻撃を武器に南ア戦に挑む。スコットランドに対する電撃的勝利は偶然ではない」


「ジョセフ氏率いる日本チームは、度肝を抜くようなスピード選手と、強固でディフェンス力の高い経験豊富な選手が揃っている」



 なかでも、警戒すべき選手として挙げられていたのは、次の3人だ。


「田村は、日本が行った素晴らしいプレイの全てに絡んでいた。抑え込むことが不可能な堀江も、フォワード攻撃で威力を発揮していた。また、稲垣による2つ目のトライは、彼が今後一生、ラグビークラブで無料で食事できる権利を与えられてもおかしくないものだった」


「今の日本チームは数億光年も先に進んでいる」


 南アフリカ戦というと、思い出されるのは2015年に大金星を挙げた「ブライトンの奇跡」、そして今年のW杯直前、9月6日に行われた親善試合(日本は7-41で敗れた)の2つだろう。だが、快進撃を続ける今の日本代表にとって、この2試合はもう参考にならないのかもしれない。


「南アは埼玉の親善試合において、41対7で日本に勝利を収めているが、首都の東京で対峙することになる『日本チーム』は全く別物だと考えた方が良い」(英テレグラフ紙)



「2015年に南アの奇跡を起こしたのは遥か昔のこと。今の日本チームは数億光年も先に進んでいる」(英インディペンデント紙)


「日本はもはや、奇跡を必要としないチームである」(アイリッシュタイムズ紙)


 日本のベスト4進出はなるか。日本だけでなく、世界中のラグビーファンがその行方に注目している。



(近藤 奈香)

文春オンライン

「ラグビー日本代表」をもっと詳しく

「ラグビー日本代表」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ