ラベンダー岡田万里奈と宮沢茉凜が仮装姿でライブ

10月13日(金)23時49分 日刊スポーツ

「おかまりんアコースティックライブ」を行った、ガールズバンド「LoVendoЯ(ラベンダー)」の岡田万里奈(右)と宮沢茉凜(撮影・松尾幸之介)

写真を拡大


 3人組ガールズバンド「LoVendoЯ(ラベンダー)」のボーカル岡田万里奈(24)とギターの宮沢茉凜(24)が13日、東京・中目黒ビオキッチンスタジオで「おかまりんアコースティックライブ」を行った。
 この日のテーマは「闇」で、5曲のオリジナル曲に加え、鬼束ちひろの「月光」や平井堅の「告白」などのカバー曲も披露した。初披露のオリジナル曲「仄暗い井戸の底から」では、作詞作曲を担当した宮沢が初のボーカルに挑戦。曲調に合わせて、キーの低いハスキーボイスで歌いきり、抽選で選ばれた約40人のファンを沸かせた。
 この日はハロウィーンが近いことから、岡田が洋館のメイド、宮沢が雪女の仮装姿で登場。途中のMCでは、急きょ宮沢がレジ、岡田がドリンクをファンの元へと運ぶ役に別れて接客する時間も設ける大サービスの対応でファンを喜ばせた。
 同ライブの開催は今回が6回目。リーダーの田中れいな(27)が6月に主演したミュージカル「悪ノ娘」に出演するための稽古などでグループを離れることをきっかけに、岡田と宮沢の2人で「おかまりん」として4月からライブを行ってきた。ファンの好評を得たことから、以来毎月の定期開催となっている。岡田は「私たちの世界観はラベンダーだとまだあまり出せてないので、このライブで楽しんでくれたらなと思います」と話した。
 終盤には、来月24日に7度目の同ライブを開催することも発表し、ファンからは温かい拍手が送られていた。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ライブをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ