ナイツ塙宣之「自分でお金を払って見たい漫才師」No.1は?

10月14日(月)16時0分 NEWSポストセブン

毎日のネタ作りを欠かさない。「漫才で表現できないことはないと思っています」

写真を拡大

 年末の風物詩ともいえる「M-1グランプリ」決勝に向けて、今年も予選が行われている。そんな中、2018年に審査員を務めたナイツ塙宣之さんの漫才論『言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか』(聞き手・中村計/集英社新書)が好調だ。インタビュー【後編】は、ウケるネタとは何か、そして、様々な人気芸人についても伺った。


* * *


◆練習しないほうがウケる理由


──塙さんのお話の中には、他の仕事でも役立ちそうなことがいくつもありました。たとえば練習をしすぎない。相手のあるパフォーマンスには少なからず通じる、一つの真理のような気がします。「練習を披露するという態度は、一緒に演奏する仲間の音を無視することになる」という趣旨の、あるジャズピアニストの言葉を思い出しました。


塙:漫才もお客さんと作っていくものなので、ガチガチに練習しないほうがいいんです。不思議なことに、ネタ合わせをしないでやったネタのほうが、本番でウケるんですよ。でもこれには理由があって、練習しなくてもいいネタというのは、ネタそのものが面白いし、自分たちに合っているから。つまり大事なのは練習よりも、ネタ作りなんです。


──ネタに関しては、「質より量」と言いますか、量をこなすことで質が上がってくる、と仰っています。


塙:売れなかった20代後半に一日一本のネタ作りをするようになってから、今でも毎日、短めのネタをブログに書き続けています。量をこなして初めて気づくことってあるんです。僕らの場合は、その気づきが、「ヤホー漫才」につながっていきました。だから、なかなか芽の出ない若手には、一本でも多くのネタを書きなさいとアドバイスしたい。


──ネタの素材はどこから見つけますか?


塙:漫才で表現できないものはないと思っているから、それはもう、すべてとしか言いようがないですね。


──もう一つ、ネタに「スッと入る」のがいいというのは、スピーチや会話、文章などに共通するところがあると思います。


塙:僕はスッと入るのが好きなんです。ただ難しいのは、漫才は早い「つかみ」が大事なんですね。だから、少しでも早くと、「前振り」につかみを入れてくる芸人がいます。でも、前振りではなく、ネタの中でつかむほうがいいと思う。水泳の飛び込みのイメージで、入りは水しぶきを上げずにスッと入るんです。で、最初のひとかき目かふたかき目でつかむ。飛び込む前にああだこうだと言いすぎると、スタートが遅れる気がするんですね。


 スッとネタに入るコンビを見ると、ネタで勝負しにきているなと自信を感じるし、その後の期待が高まります。2018年のM-1では、入り方が気になった芸人が何人かいた中で、霜降り明星の入りはすごくきれいでした。


◆あの事件がなかったら、お笑いをやってなかったかもしれない


──塙さんは「絶対漫才感」という言葉をよく使われます。ご自身はあると思いますか?


塙:あるんでしょうね。でも、面白い人が芸人になるわけではないんですよね。面白くても、人前に出るのが好きではなかったり、不得意な人は、作家とか、別の職業に付くのかもしれない。僕の場合は、ある時期まで人前で目立たないように、目立たないように生きてきたんですが、ある事情でウンコを漏らしたんです。それを機に方向転換を迫られた……、詳しくは本に書きましたが、やむにやまれずウンコの歌を作って歌ったらウケて、笑いに目覚めたんです。だから、ウンコを漏らしてなかったら、お笑いをやってなかったかもしれないです。


──そもそも「絶対漫才感」って何でしょう? たとえばザキヤマ(山崎弘也)さんのことを「先天性ボケ」と名付けています。


塙:僕もよくわからず使っているところはありますが(笑)、生まれつき歌がうまい人がいるように、生まれつき漫才がうまい人がいるということですね。一つ具体的な要素を挙げるなら、空気のよめないヤツはダメだと思います。空気を読んでいないように見せていても、あるいは読めないフリをしていても、実は芸人って、いちばん空気を読める人種です。M-1のようなコンテストで優勝するのは、その日いちばん受けたヤツで、それは一番空気が合っていた、つまり空気を読めていたということなんですね。


◆いま注目している芸人は誰ですか?


──非関西系でM-1優勝を果たしたアンタッチャブルサンドウィッチマン、パンクブーブーをはじめ、塙さんが他の芸人をどう見ているか、その分析も興味深かったです。サンドウィッチマンとナイツのネタは、実は似てるんですね。


塙:少し似てますね。ボケとツッコミのセンテンスが短くて、「言い間違い」がフィットするところとか。2007年、僕らが「ヤホー漫才」で一回戦、二回戦、三回戦と勝ち抜いて、準決勝は勝ち抜けなくて、敗者復活戦に入ったときにいたのが、サンドウィッチマンでした。サンドさんは戦意喪失するくらい死ぬほど受けていて、彼らはそのまま優勝したわけですが、この本では、そういうことも懐かしく思い出しました。やっぱり悔しいですけどね。


──現在、注目している芸人はどなたですか?


塙:うーん、たくさんいるから難しいですが……漫才では四千頭身ですね。突っ込みの後藤(拓実)君の声が小さいので、M-1のマイクで拾えるだろうかというのが、いま最も気がかりなことです。


 それから爆笑問題さん。何が凄いって、今もネタをやり続けていること。僕らと違ってあれだけテレビに出ていて、現役の漫才師というのがカッコいい。僕らもそうですが、爆笑問題さんも時事ネタをやりますから、このニュースをどうやって斬るだろうかと気になるんです。尊敬していますし、自分でお金を払ってでも見に行きたい漫才師のナンバーワンです。


──やはり芸人はネタで勝負、ですね。


塙:芸人は落とすのが仕事ですよね。でもそれは、ネタで落とすしかないんです。たとえば日韓問題の落としどころって平和になることだと思いますが、それができるのは政治家であって、コメンテーターはできたとしても、芸人ではない。だったらオチがないことをやっているより、漫才一つ作ったほうが価値的だというのが僕の考えです。



◆塙宣之(はなわ・のぶゆき)/芸人。1978年千葉県生まれ。漫才協会副会長。2001年、お笑いコンビ「ナイツ」を土屋伸之と結成。08年以降、3年連続でM‐1グランプリ決勝進出、18年同審査員。THE MANZAI2011準優勝。漫才新人大賞、第68回文化庁芸術祭大衆芸能部門優秀賞、第67回芸術選奨大衆芸能部門文部科学大臣新人賞など、受賞多数。


◆撮影/内海裕之

NEWSポストセブン

「ナイツ」をもっと詳しく

「ナイツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ