滝川クリステル、愛犬・アリスとまったり 「家族になれて良かったね」の声届く

10月14日(土)16時8分 Techinsight

「時がいつもより、ゆっくり流れます」と滝川クリステル(画像は『滝川クリステル 2017年10月13日付Instagram「たまにこうやって肩に顔を乗せてくれる時間」』のスクリーンショット)

写真を拡大

フリーアナウンサーの滝川クリステルがInstagramで愛犬・アリスと寄り添う姿を公開している。滝川の肩に顔を乗せ、安心しきっているアリスへの愛しさがひしひしと伝わってくるセルフィーは「至福の時間ですね」とフォロワーをほっこりさせている。

メスのラブラドール・レトリバーのアリスは東日本大震災の被災犬で、福島第一原発からほど近い浪江町の警戒区域で保護された。取材で動物の殺処分の現実を深く知るようになった滝川クリステルは、そういう境遇の犬を引き取りたいと環境を整えていたところに出会ったのがアリスだった。

実家でプードルに囲まれて育った滝川だが、一人暮らしで犬を飼うのは初めてだった。それも子犬からではなく、引き取った当時は推定3歳の大型犬だ。心も身体も傷ついていたアリスを東京に迎え、信頼関係を築くのは相当な努力が必要だったことだろう。しばらくは仕事を調整してアリスとの生活を優先し、じゅうぶんな散歩も日課となった。

13日の『滝川クリステル christeltakigawa Instagram』には、出会いから6年が過ぎたアリスと一緒にくつろぐ滝川のリラックスした姿がある。保護された当時のアリスは目がつり上がりピリピリしていたそうだが、滝川のInstagramにある数々の写真では穏やかで落ち着いた表情ばかりだ。

この日の1枚に「かわいいですね、私も癒されます」「最高に幸せな瞬間ですね」「アリスちゃん優しいお顔していますね」「アリス、クリステルさんと家族になれて本当に良かったね…」とフォロワーも心が和んだようである。

画像は『滝川クリステル 2017年10月13日付Instagram「たまにこうやって肩に顔を乗せてくれる時間」』のスクリーンショット

Techinsight

「アリス」をもっと詳しく

「アリス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ