83年組アイドルが語り合うレコ大、紅白…そして50歳を過ぎてから

10月15日(月)11時0分 女性自身

——1983年デビューのアイドル、大沢逸美、木元ゆうこ、桑田靖子、小林千絵、徳丸純子、森尾由美、松本明子の7人が35年の時を経て奇跡的なめぐり合わせで集まり、11月19日と20日の2日間、銀座博品館劇場で限定ライブを開催。7人それぞれが83年当時の衣装を着用して、80年代の歌番組『夜のヒットスタジオ』風のセットでデビュー曲を歌う。



桑田 由美ちゃん(森尾)が歌うのはアイドル時代以来だから、ファンの方は必見だね。



森尾 そうなの。でも、当時の衣装はさすがにもう手元になくて再現だけれど。保管していたのは3人。アッコ(松本)と靖子(桑田)とイッちゃん(大沢)だよね。



松本 うん、着られる。でも、怖いものがあるよね(笑)。



小林 35年前の衣装を、よく保管していたよね、物持ちいい!



松本 35年前といえば、千絵ちゃん(小林)、覚えてる? デビュー1年目が終わる年末に、誓い合ったよね、「私たち、生き残ろうね!」って。



小林 1年目が終わると、“アイドルとしてはダメでした”って……そういう空気が漂ってきて、「悔しいね!」ってみんなで言い合ったんだよね。



木元 泣けるね。何かの収録のとき?



松本 最後の賞レース(日本レコード大賞)のとき。予選落ち組で集まっていて。



小林 デビュー1年目って、新人たちはみんな、毎日のように現場で顔を合わせるんだよね。アイドル番組でもなんでも、ほぼ動きが一緒だから。でも、来年からはもう「新人」という言い方もされなくなるし、みんなバラバラになる。で、「もう会えなくなるけど、お互い、長く生き残ろうね!」って誓い合ったのよ。



松本 私と千絵ちゃんと、あと83年組の(お神セブン以外の)ほかのメンバーもいたよね。



大沢 私と靖子はレコ大にノミネートされて、本選には出られたんだよね。でも、当時のアイドルの夢は、レコ大会場の武道館から紅白歌合戦のNHKまで、パトカーに先導されて向かうというコースだった。私たちは……。



小林 私たち、現地解散だよね。



松本 そうそう、現地解散(笑)。



森尾 でも、ずっとこんな思い出話ができるのも83年組だからでしょ。



小林 5年前、私は30年ぶりにみんなと再会したの。アッコちゃんとも「生き残ろうね」って誓い合ってから30年ぶり。そこでお酒を飲んで、「こんなに時が経ったんだね、みんないろいろあって、そして今があるんだね」って泣いたよね。そして、なぜか私たちのお墓のことまで話したんだよね(笑)。



大沢 私は介護で2年弱くらい仕事を抑えていた時期があって、由美ちゃんは出産で、ゆうこ(木元)はインドを放浪したりで……全員ブランクがあるのよね。



桑田 私も、もう人前で歌うことはないと思っていた時期もあった……。



松本 私は“放送禁止用語”で干されているし(笑)。みんな、いろいろあるんです。



小林 イベントに来てくださるお客さまも、みんな同じ時代を生き抜いてきたと思うので、元アイドルとしてステージに立つのではなく、同志として「平成をがんばってきたよね」という気持ち。



木元 本当に、そう思う!!



【お知らせ】

博品館劇場(東京・銀座)にて、7人のライブ『35周年イベント☆83年組アイドル〜不作と言われた私たち「お神セブン」と申します〜』を開催。11月19日(月)19時開演、20日(火)14時開演/19時開演。

女性自身

「アイドル」をもっと詳しく

「アイドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ