『V6』三宅健の“純愛”!?どんな時代でも変わらぬ姿勢とは

10月15日(月)10時31分 まいじつ


画/彩賀ゆう (C)まいじつ



10月12日発売の『FRIDAY』が、ジャニーズ『V6』三宅健の熱愛をスクープした。するとネット上では三宅の恋愛遍歴と併せて、「健くんの好み変わってないねー!」といったツッコミが上がることに…。


【関連】あぁ三宅健…滝沢秀明とのユニット『KEN☆Tackey』とは何だったのか ほか


今回報じられた相手は、ファッション誌や企業広告のモデルとして活躍しているプリシラ。ブラジルと日本のハーフである彼女は、エキゾチックな顔立ちと168センチの長身を武器に、『UNIQLO』『WEGO』『LUMINE』など多くファッション関連企業で重宝されている。


今年で39歳を迎え、過去多くの女性との恋愛遍歴を重ねてきた三宅。これまでウワサされてきた相手は、安室奈美恵柴咲コウ、アメリカ人ハーフ・沙羅マリー、ブラジル人ハーフ・大屋夏南など、顔の濃い外国人風の女性ばかりだ。そして今回も同様のタイプで、三宅のブレない好みが垣間見えるスクープとなった。



スクープで裏付けられた“変わらない好み”


三宅の好みは顔以外の部分でも一貫しているようだ。三宅は2013年に『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演した際、「無類の脚フェチで」と自身の“フェチ”を告白。前回出演時、後ろのバー風セットでホットパンツ姿を披露するカウンターガール・あべみほの脚が「気になってしょうがなくて、全然話を聞いてなかった」と明かし、MCの『ナインティナイン』矢部浩之を驚かせた。


続いて話の流れでカウンターまで移動した三宅は、しゃがみながら矢部と一緒にあべの脚を凝視。番組から許可が降りると直接脚を触り、「すげぇツルツル!」と感心したところで“アウト宣告”をくらっている。


「今回スクープされたプリシラも、高身長モデルだけあってかなりの美脚の持ち主。結果的に三宅の“脚フェチ”が微塵も揺らいでいないことが裏付けられましたね「(芸能記者)


ここまで強烈にフェチが変わらないのは、ある意味スバラシイ“純愛”だ。きっと三宅は幸せになることだろう。



まいじつ

「三宅健」をもっと詳しく

「三宅健」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ