【SHE’S ライヴレポート】『SHE’S Hall Tour 2017 with Strings 〜after awakening〜』2017年9月29日 at 草月ホール

10月15日(日)10時0分 OKMusic

(OKMusic)

写真を拡大



 4人組ロックバンドSHE’Sにとって初となるホールツアー。今回のライヴはストリングスを従えるという構成に挑戦し、壮大で躍動感にあふれた彼らの楽曲を完全に再現する内容となっていた。最新ミニアルバム『Awakening』からの「Over You」で華々しくスタート。バイオリン、ビオラ、チェロがメンバーの後ろに控える。SHE’Sのロックに合わせてストリングス隊も軽やかだが力を込めた激しい演奏で楽曲を彩った。彼女たちが奏でる迫力の音に呼応して、井上竜馬(Key&Vo)の歌声もさらに熱を帯びて聴こえる。SHE’Sの曲は自然の匂いや温度を思い起こさせるので、生の演奏だとさらに想像の翼を広げられるような気がした。

 そして、ライヴ中盤も圧巻。大事な人がいなくなってしまい、残った自分たちはなにができるかと考え、作ったという「Long Goodbye」。さらにストリングスの切なくも美しいイントロ、バンドとストリングス隊の音がぶつかり合いながら昇華していくアウトロが壮絶な「Ghost」を披露。井上は“夏フェスで楽しい曲ばかりやったから、久々やわこの感じ。すごいなんか、闇の世界に行った気分やわ”と語ったが、重厚で意識の底に深く入っていくようなパートをじっくりと聴かせられるのも、彼らの強みだろう。本編ラストの「aru hikari」では、最後に井上が指揮をして、バーッと広がった音が一瞬で消えるという演出で締め括られた。

 アンコールの声で再びステージに登場した井上は、“いやぁ〜、過去最高にクールな終わり方やったなぁ。決まったねぇ。決まってた?”とオーディエンスに尋ね、“決まってた!”と声がかかると笑顔を見せた。そして、重大なお知らせとして、2ndフルアルバム『Wandering』リリースとツアーの発表も行なわれた。“特別に『Wondering』に収録される曲をやります”と軽快なイントロが流れると、オーディエンスの中にはお互いの顔を見合わせて喜ぶ人も。「The World Lost You」はSHE’Sにとって初音源の曲である。“自主制作の、インディーズにもなってない時代の、初めて作ったCDの1曲目。すごい思い入れが僕らにもあるし、あの曲からいろいろ始まっていったので”と井上が説明。長年彼らを応援している人たちにとって、非常にうれしいプレゼントとなった。ストリングスが加わったホールライヴ。SHE’Sの魅力を伝える新たな形式として、今後もぜひ見ていきたい。

撮影:Atsushi Ito/取材:桂泉晴名

セットリスト

1.Over You

2.Un-sciense

3.Someone New

4.Beautiful Day

5.In the Middle

6.グッド・ウェディング

7.Isolation

8.信じた光

9.Night Owl

10.Don’t Let Me Down

11.Long Goodbye

12.Ghost

13.Voice

14.Freedom

15.遠くまで

16.aru hikari 

<ENCORE>

1.The World Lost You 

2.Curtain Call

SHE'S

シーズ:メンバー全員が1992年生まれで大阪在住。2016年6月、シングル「Morning Glow」でメジャーデビュー。全作品のソングライティングを担う井上竜馬が奏でるピアノをセンターに据え、エモーショナルなロックサウンドから心を鷲掴みする珠玉のバラードまで作り出す、今もっとも注目のバンド。

OKMusic

「ロック」をもっと詳しく

「ロック」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ