中島裕翔「僕の中で歴史に残る賞」 高橋一生、菜々緒らと共にベストジーニストを受賞

10月15日(月)16時3分 エンタメOVO

2年連続「ベストジーニスト賞」を受賞した中島裕翔

写真を拡大

 “最もジーンズが似合う有名人”を表彰する「第35回ベストジーニスト2018」が15日、東京都内で行われ、受賞者の中島裕翔(Hey!Say!JUMP)、菜々緒高橋一生荻野目洋子長谷川潤ほかが出席した。

 「一般選出部門」で選ばれ、2年連続の受賞となった中島は「平成最後のベストジーニスト賞を、平成と名の付くグループの僕が取ることができて、とてもうれしいです。僕たちの諸先輩方が取ってきた賞で、憧れの一つだったので、僕の中で歴史に残る賞になりました」と喜びを語った。

 「Hey!Say!JUMPのメンバーには受賞を伝えた?」と質問されると、「まだ言ってないんですけど、衣装を着るときとかに、『裕翔はベストジーニストだからな〜』ってよくいじられてます。Hey!Say!JUMPも、ジーンズのように長く愛されるグループになれればなと思っています。来年もお願いします」と殿堂入りをアピールした。

 3回目の受賞をし、殿堂入りとなった菜々緒は「殿堂入りできたことがすごくうれしいです。メダルをもらうのは初めてなので、家宝にしたいと思います」とにっこり。恒例となっている“菜々緒ポーズ”も披露して、会場を沸かせた。

 「協議会選出部門」で初受賞となった高橋は、眼鏡にジーンズの上下を着用した私服姿で登場すると、「コンセプトは日常着です。デニムのジャケットを着ることも多いです。全部、普段着なので、今日はこのままスタジオに行きます」とコーディネートを紹介した。

 受賞の喜びを聞かれると「10代の頃からメディアで見てきた賞なので感慨深いです。光栄に思っています」とうれしそうに語った。

 また、授賞式後の質疑応答で「来年は元号が変わりますが、グループ名はどうなるんでしょう?」と振られた中島は、「変わらないと思いますよ。ジャニー(喜多川)さんに聞いてみないと分からないですけど、平成だけじゃなくてHey!Say!っていう意味もあるので、そのままいくんじゃないですかね」と笑顔で答えた。

エンタメOVO

「ベストジーニスト」をもっと詳しく

「ベストジーニスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ