中島裕翔「感慨無量です」 ベストジーニストV3で殿堂入り

10月15日(火)17時19分 エンタメOVO

中島裕翔(左)と山本美月

写真を拡大

 第36回「ベストジーニスト2019」発表会が15日、東京都内で行われ、全国からの一般投票で選ばれる「一般選出部門」の「男性部門」にタレントの中島裕翔(Hey!Say!JUMP)、「女性部門」に女優の山本美月が選出された。

 12万6853票を獲得し、3年連続受賞で殿堂入りを果たした中島は、受賞の盾を手に「心なしか昨年よりもずっしりと重みがあります。感慨無量です。投票してくださったファンの皆さん、ありがとうございます。これからも皆さんにジーンズを愛していただくための発信力となっていければ」と笑顔で喜びを語った。

 一方、受賞に対してのメンバーの反応はやや薄かったことを告白。「僕らメンバーで共通のスケジュールアプリを使っているのですが、マネジャーさんが僕のスケジュールに『ベストジーニス賞』と入れてくれた。そこにメンバーもコメントできるんですが、有岡(大貴)が『トが抜けてるよ』と。それぐらいですかね…」と明かして笑わせた。

 山本はこれが初受賞。「歴史ある賞。まさか私が頂けるとは思っていなかったので、聞いたときはとてもびっくりしました。ジーンズは普段から愛用していますが、何より『一般部門』ということで、私のことを頭の中に思い浮かべながら投票してくださった人がいることがうれしいです」と感謝を述べた。

 そんな山本は「撮影の日は、スキニーだと体に跡がつくのでワイドタイプを着ます。お休みの日はだいたいスキニーです。パジャマからスキニーに着替えるとシャキッとするんです。『今日もやるぞ』という気持ちになります」などと、普段の着用スタイルを紹介した。

 ジーンズの所有数については「20本ぐらいかな。結構あると思います。その年ごとにいろんな形が出るので増えちゃう。ますます愛していきたいと思います」と声を弾ませた。

エンタメOVO

「中島裕翔」をもっと詳しく

「中島裕翔」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ