ソ・イングクとイ・ジョンソクが天才スイマーに!青春映画『君に泳げ!』

10月16日(火)19時0分 AbemaTIMES

(C)SPC All Rights Reserved


 まったく違う個性を持つ若者たちがお互いに刺激を与えあい、水泳選手として成長していく姿を描く青春映画『君に泳げ!』。『ショッピング王ルイ』のソ・イングク、『あなたが眠っている間に』のイ・ジョンソクという旬のイケメン俳優たちがライバル同士に扮し、恋と記録を手に入れるためぶつかり合う。


 幼い頃から天才的な水泳選手として活躍していたものの、両親を相次いで失ったことをきっかけに泳ぐことをやめてしまったウォニル(ソ・イングク)。ある日、トラブルに巻き込まれて高校を退学することになったウォニルは父の親友ジェソク(パク・チョルミン)に説得されて体育高校に転校し、嫌々ながら水泳部に入部する。一方、国家代表選手として活躍していたウサン(イ・ジョンソク)も、ある事件をきっかけに同じ高校へとやってくる。

(C)SPC All Rights Reserved


 『応答せよ1997』、『主君の太陽』など、ドラマを中心に活躍してきたソ・イングクにとって初めての映画出演となった本作。才能に恵まれた水泳選手ウォニルを演じるということで、水泳関連のドキュメンタリーといった映像を見たり、水泳の指導を受けたりと、入念に準備をして撮影に臨んだという。それでも水泳シーンの撮影はかなり大変だったようで「カメラのアングルを変えながら、ずっと同じパターンで泳ぐのは容易ではありませんでした」と、あるインタビューで答えている。彼が演じたウォニルは、同じ水泳選手だった父に対する葛藤を抱えつつも、日常生活では明るく人懐っこい面を持つ、愛嬌抜群の人物。転校後もすぐに仲間ができて、彼らとの絆も映画の見どころとなっている。さらに食欲の旺盛さもウォニルのトレードマーク。寮の食事や焼肉などを、モリモリと食べるシーンが何度も登場するのが楽しい。


 明るくパワフルなウォニルとは対照的に、厳しい父の管理のもと、ただ泳ぐことだけに集中してきたウサンに扮しているのが、人気ドラマ『君の声が聞こえる』と同時という厳しいスケジュールの中、撮影を続けたと語るイ・ジョンソク。ソ・イングクと同じく、初めての映画出演だが、プライド高く、孤独な天才をクールに演じている。

(C)SPC All Rights Reserved


 そして、そんなウサンの心を開かせるのが少女時代のユリ扮するジョンウン。音楽を愛する彼女は小学生時代のウサンの初恋の人で、再会を喜んだウサンはまっすぐに自分の気持ちを彼女に伝える。そんなウサンの姿が親友のように彼女と仲よく過ごしてきたウォニルを不安にさせる。3人の関係の行方にも注目だ。


 それぞれに複雑なバックグラウンドを持つライバルたちが、水泳に打ち込む姿がまぶしい『君に泳げ!』。肉体を鍛え上げ、水しぶきを上げてプールに飛び込む彼らの姿を楽しんでほしい。

(C)SPC All Rights Reserved


 『君に泳げ!』はAbemaTV【韓流・華流チャンネル】にて10月21日(日) よる9時より放送される。


テキスト:佐藤結

AbemaTIMES

「イ・ジョンソク」をもっと詳しく

「イ・ジョンソク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ