柴咲コウ「社内独立」の裏に元恋人アスリートの影!

10月16日(月)9時59分 アサ芸プラス

 放送中のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で主演を務める柴咲コウといえば、昨年11月、音楽事業、ファンクラブを前身としたメディア事業、そしてEC事業の3つを核にした会社を立ち上げ、代表取締役CEOに就任したことが、9月に報じられて話題を呼んでいる。

 大河ドラマの主演女優が起業というのは前代未聞で、一部では独立も噂された。

 芸能関係者はこう語る。

「結果的には現在も古巣の大手芸能事務所に在籍していますが、立ち上げた会社の業務内容を見れば、芸能活動に準ずるものばかりで、事実上の“芸能事務所内独立”と言っていい。もともと柴咲さんはセルフプロデュースに長けているところありましたし、所属事務所からも完全に独立されるくらいなら、これまでの実績を考慮して、ある程度自由にさせたほうがいいと判断されたんでしょう」

 すでに柴咲は、9月末に東京・大田区の池上本門寺で開催した自身の歌手デビュー15周年記念ライブをみずから企画、制作するなど、事業にも積極的に精力を注いでいる。

 そんな彼女はかつて、サッカー元日本代表の中田英寿氏との熱愛が報じられた。

「中田氏とはいまだに親交があるようですが、おたがいに恋人というよりは友達という感覚のようです。中田氏はサッカーを引退後、実業家として活躍しており、柴咲さんも触発された部分があるんじゃないですかね」(前出・芸能関係者)

 現実の世界ではおんな城主ならぬ“おんな社長”となった柴咲。実業家としての采配ぶりにも注目だ。

(しおさわ かつつね)

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

柴咲コウをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ