三浦翔平の「あることないこと」発言に潜むトシちゃんの“俺はビッグ”色

10月16日(火)10時15分 アサジョ

 一部スポーツ紙に報道によると、俳優の三浦翔平は10月12日、都内で開かれた新シャンプー「クラフトボタニカル」のプレス発表会に出席。三浦は同商品のイメージキャラクターを務めているが、マスコミの質問はもちろん“あの事”。

 三浦は、7月25日に女優の桐谷美玲との結婚を発表。人気俳優と女優のカップルだけに世間的にも注目を浴びた。この日、誰もが気になる挙式・披露宴の予定を聞かれた三浦は「そこはまだ内緒です」と即答し、「絶対に言わないです。あることないこと書かれますから」と、報道陣を笑顔で煙に巻いたのだ。

 この発言を聞いたベテランの芸能記者は、20年以上も前の“ある騒動”を思い出したという。

「トシちゃんこと、田原俊彦の“ビッグ発言”騒動です。1994年、長女が生まれた田原は記者会見を開きました。その席で田原は『(結婚も出産も)隠密にやりたかったけど、僕ぐらいビッグになってしまうと、そうはいきません』などと発言し、生意気だと世間からひんしゅくを買いました。ビッグ発言が原因で芸能界から干されたと、一部では噂にもなりました。今年6月23日放送の『サワコの朝』(TBS系)に出演した田原はビッグ発言を回想し、干されたのは自分に力がないからと語っています。干された真の原因がビッグ発言ではなかったにせよ、イメージダウンにつながったのは間違いないでしょう」

 今回の三浦の発言はどうだろうか。ネット上では「三浦翔平くんの気持ちもわかる」「ほっといてあげて」など、三浦に好意的な意見が多数見受けられる。

「三浦ファンは擁護して当然ですが、それ以外の人から見れば、もったいぶった発言に聞こえます。また“あることないこと書かれる”という発言は、自身がイメージキャラクターを務める新商品の取材に来てくれた報道陣に対して失礼とも言えますね」(前出・芸能記者)

 くれぐれも、あの頃のトシちゃんの轍を踏まないように…。

(石田英明)

アサジョ

「三浦翔平」をもっと詳しく

「三浦翔平」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ