志村けん抱える健康不安「バカ殿もうできない」と弱気発言も

10月16日(火)0時0分 女性自身

「68歳になっても、志村さんは飲み会が大好き。頻繁にみんなを集めては、ワインやウイスキーなどを飲みまくっていました。宴が深夜まで続くことも、珍しくありませんでした。でもそんな彼が最近、急にお酒を飲まなくなったんです……」(志村けんの知人)



今なお独身を貫く大物芸人・志村けん(68)。酒好きとして有名で、これまで女性と飲み歩く姿が目撃されてきたこと数知れず。だが実はいま、健康不安を抱えているのだという。



「つい先日、体調が悪いので病院で超音波検査をしたそうです。そうしたら、肝硬変だと診断されたみたいで……。『このままだとガンになる危険があるからお酒は3杯までにしてください』と医者に注意されたそうです」(前出・志村けんの知人)



13年3月には自身のブログで病院に行ったことを報告。《精密検査ではありませんが やはり肝臓数値が悪く 休肝日必要と言われました》とつづっていた。また16年8月にも、肺炎のため緊急入院。関係者からも心配の声も上がっていた。



「数年前にも、体調を崩されたことがあったそうです。志村さんは『仕事に穴をあけるわけにはいかないから、酸素吸引気を持参して新幹線に乗ったんだ』と話していましたね。しかし。そんな状態でも飲みに行くのをやめることはなかったそうです」(芸能関係者)



なぜ彼は、そこまでして酒を飲み続けるのだろうか。理由を、前出の知人はこう語る。



「志村さんはいつも寂しいらしく、『お酒を飲まないと眠れないんだ……』と言っていました。実際、最近も飲み会を開いていました。志村さんはさすがにお酒ではなくノンアルコールビールを注文。陽気にギャグを言って周囲を笑わせていました」



そんな志村がライフワークにしているのが、看板番組『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)。放送32周年を迎える今も、年3回ほど不定期に放送している。だが、最近の健康不安から弱気になっているのだろう。志村は周囲にこんな驚きの発言をしていたという。



「バカ殿は志村さんが自分で台本まで考えているほど愛着があるキャラクターなんです。なのに志村さんが最近、『バカ殿はもうできない……』と漏らしていたんです。最近少し元気がないようにも感じていましたが、それもバカ殿がもうできなくなるという寂しさがあったのかもしれません」(前出・芸能関係者)



おもわず心配になってしまう弱気発言の数々。そんななか、所属事務所関係者はこう語る。



「いえいえ。『バカ殿』は年明けに放送されますし、その後についても終了するなんてことはありません。今は酸素吸入器を使ったりもしていませんし、肝硬変にもなっていません。たしかに、年齢も年齢ですからね。定期的に病院で検査を受けることもありますし、検査の数字が悪いこともあります。でも最近も体力づくりのため、ウォーキングを再開していました。本人もなんとか回復すべく、頑張っているところなんですよ」



実際、本誌が目撃したのは“お遊び”に向かうかつての志村の姿ではなかった。10月上旬のお昼すぎ、自宅から出てくる志村の姿が。頭に手ぬぐいを巻き、Tシャツと短パン姿。そのまま1時間ほどウォーキングで汗を流すと、再び自宅へと戻っていった。



寂しさを紛らす“孤独酒”の日々。でも飲み過ぎには、くれぐれも気をつけてほしい!

女性自身

「志村けん」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「志村けん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ