「みんな、ありがとー!」FTISLAND、今年最後のワンマンライブを笑顔で完全燃焼

10月14日(金)10時31分 KEJNEWS

【14日=KEJNEWS】ロックバンドFTISLAND(エフティーアイランド)が10月12日、東京・日本武道館で「FTISLAND AUTUMN TOUR 2016 -WE JUST DO IT-」ツアーファイナル公演を行った。本ツアーは8月17日にリリースされた16枚目のシングル「JUST DO IT」をタイトルに冠したもので、9月2日からホール/ライブハウスを中心に回り、12公演で約35,000人を動員した。

春にアルバム「N.W.U」をひっさげたアリーナツアーを行ったこともあり、スタンディングのライブハウスが中心の秋のツアーではライブアンセムを核に、新旧、そして日韓の曲を取り混ぜたファンにはたまらないセットリストで構成された。

「元気かい? 今日も思いっきり遊んでみよう。最後だぜ!」という言葉と共に登場したボーカルのホンギ。スタートの韓国曲「Paparazzi」から会場の温度はグングン上がる。次の曲を待ち焦がれると、聞きなれないシンセビートのイントロ。一瞬ファンを惑わせるトラップを仕掛けると、ジェジンが8ビートを刻み始める。

「BARE-願う-」だとわかると「キャー」という大歓声。馴染みの曲にも変化をつけてくるから、新鮮だ。続く「FREEDOM」ではタオルを回し、コール&レスポンスの応酬。オープニングパートから武道館は一体感に包まれる。

「AQUA」からは、疾走するビートとファンのコーラスが映えるパートに突入。「Time To」のコール&レスポンスや手拍子はホンギに操られ、まるで、ファンもバンドの一員になったような一体感に襲われる。今回のツアーは小さなライブハウスでも多く行ったが、同じ空間で同じ曲を作り上げていくこの一体感は、それが武道館になっても変わらない。

今回の武道館はバックスタンドまで360度を客席に囲まれた構成で、バックスタンド前からステージまでぐるりと花道が伸びる。「俺、今日ここに来るまでみんなが後ろにいるの知らなかった。これって、俺が走る距離が2倍になるってことじゃん」というホンギ。バックスタンド席と同じ高さにいるドラムのミンファンが「背中の汗が見えて恥ずかしい」といえばホンギが「セクシーさをアピールしろ。俺はここで戦ってるって!」と盛り上げた。

ポップチューンの「YOU DON’T KNOW WHO I AM」でムードを変えると、これまでアンコールで演奏していた「JUST DO IT」が中盤に挟みこまれた。ツアー2本目の大阪公演から自然発生的にダンスが生まれたこの曲に「俺は踊らないから!」と頑なだったホンギが、「みんなで踊らないと、進まない」とノリノリで踊るまでに。

自然発生といえば、スンヒョン作の「そばソング〜フニが好きなそば〜」もすっかりこのツアーの定番に。ジョンフンが毎回ライブ前にそばを食べているのを見て作り、MCコーナーで披露されてきたが、回を追うごとに完成度が高まり、最後の武道館ではミンファンのドラムをバックにアコースティックギターでスンヒョンが熱唱すると、「ちゃんとした曲として完成させよう」とホンギが促す場面もあったので、日の目を見るときが来るかも。

スピード感のあるロックを中心に構成する中、緩衝材になったのはアコースティックコーナーだ。ジョンフン、スンヒョンがアコースティックギター、ジェジンはウッドベースを演奏。なつかしの「SOYOGI」も良かったが、何といっても「LIFE」が絶品。オリジナルと全く違う暖かなアレンジに、徐々に高まっていくホンギのボーカル。そこに柔らかなジェジンの歌声が絡む。大人になったFTISLANDの人生の捉え方がアレンジに現れたようだ。ペンライトを振るのも忘れ、聴き入っているファンの姿も印象的だった。

終盤は、7月に韓国でリリースされた6thアルバム「Where`s the truth?」を核としたコーナーでスパートをかける。ここでもファイナルならではの「Stand By Me」と「PRAY」が追加に。「Stand By Me」のジョンフンのブルースギターと、「Out of Love」のミンファンのドラムソロが秀逸だったが、プレイヤーとしてスキルをしっかり見せてくれるのもうれしい。FTISLANDの韓国楽曲は昨年の5thアルバムから全曲自作曲となったが、日本曲のポップさに比べると、ハードな曲が多い。このバランス感もライブで絶妙な塩梅を生み出す。日韓両国での活動の反芻が、彼らの成長の糧となっているのが感じられる。

大きな“FTISLANDコール”に促されたアンコールは、「未体験Future」からスタートしたが、ゆったりとしたジョンフンのキーボード、ミンファンとジェジンのリズム隊、スンヒョンのディストーションギターが順々に重なってテンポを加速していくイントロに「もう1回遊ぼう!」というホンギの声が合流し、会場全体がスパーク。一瞬にして再び興奮のるつぼに。

MCでは「新しい靴で靴擦れができた」というホンギが靴を脱ぐ。「今回のツアーはスケジュールがキツくて、心配してた。ノドにいいことは全部試したけど、お酒を止めたのがよかったみたい(笑)。12月にはKINGDOMと僕のイベントが。ワンマンライブは今日が最後だけど、KINGDOMでは、ここだけでやれることをしますね。ツアーに来てくれて、ありがとうございます。ステキな曲もどんどん作ってるので、ちょっとだけ待っててください。ツアー、お疲れ様でした!」とホンギがファンに感謝を伝えると「アリガト」に突入。

曲が終わって、大きな拍手がリズムを刻む手拍子に変わると、ホンギもニッコリ。「あと1曲だけ、遊ぼう!」とダブルアンコールの「Orange Days」へ。全速力で花道を走り回りながら歌うホンギは、最後に倒れ込むほどの勢い。メンバー全員で笑顔でファンに礼をしてステージを降りると、ジェジンがひとり残りオフマイクで「みんなーー!」と叫ぶと、ファンも一緒に「ありがとーーー!」と声をそろえるお決まりの儀式で大団円。メンバーもファンも、最後に最高の笑顔を見せた、完全燃焼という言葉がふさわしい清々しい気持ちでツアーの幕を閉じた。

FTISLANDはこの後、12月10-11日に幕張メッセで行われる事務所のフェス「2016 FNC KINGDOM IN JAPANCREEPY NIGHTS-」に参加。また、12月24日にはボーカル、ホンギのクリスマスイベント「LEE HONG GI CHRISTMAS EVENT 2016 – ホンタクロース is Coming -」が東京国際フォーラム ホールAで行われる。また、本ツアー9月29日の東京・豊洲PIT公演の模様が12月4日、WOWOWにて放送される予定。(写真=田中聖太郎)

KEJNEWS

FTISLANDをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ