『スカーレット』第15回 母の手紙に勇気づけられた喜美子、住民の前で…

10月16日(水)7時13分 マイナビニュース

女優の戸田恵梨香がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『スカーレット』(毎週月〜土曜8:00〜)の第15回が、きょう16日に放送される。

101作目の“朝ドラ”となる同作は、焼き物の里である滋賀・信楽の女性陶芸家・川原喜美子が主人公。ものを作り出す情熱と喜びを糧に、失敗や挫折にめげずに生きていく姿を描く。10月14日〜19日は第3週「ビバ! 大阪新生活」を放送する。

初日にクビを言い渡され、信楽に帰ることになった喜美子(戸田恵梨香)。一旦落ち込むも、母・マツ(富田靖子)からの手紙に勇気づけられ、住人たちの前で「女中として働かせて下さい」と嘆願。どうにか受け入れられる。その後、しばらく姿を見せないある住人のことが話題に。巷では同世代の男性の遺体が見つかったニュース。もしかしたらという疑心暗鬼の中、喜美子は住人の圭介(溝端淳平)らと共に開かずの間の前で声をかけると…。

(C)NHK

マイナビニュース

「スカーレット」をもっと詳しく

「スカーレット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ