大女優・名取裕子の差し入れがヤバすぎる  「最初はオニギリだったけど…」

10月16日(水)15時41分 しらべぇ

名取裕子

15日放送『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)で、数々の作品で活躍中のキャリア40年以上の大女優・名取裕子が「ラジオスタッフに用意する差し入れ」を明かし、驚きの声が挙がっている。


◼毎週のラジオ番組で…

4年前からラジオ番組を担当している名取。番組はラジオ局に名取の差し入れを確認しに行く。名取は本番2時間以上前に、毎回差し入れを持ってくるのだが、それをラジオ番組スタッフが楽しみにしていることが明かされた。

自宅を出た連絡があり、スタッフは局の入り口まで名取を出迎える。これは、大量の差し入れを受け取るためでもある。この日も4人のスタッフが大量の差し入れを受け取り、室内に運んでいく。


関連記事:月9『コード・ブルー』流産に麻痺も…冷酷展開に「重すぎる」の声も

◼大量の差し入れは?

じつは差し入れは名取の手作り料理の数々。この日は、松坂牛の煮込みハンバーグと広尾の人気店で購入してきたフランスパンにコーンスープやサラダ、スタッフの好物のかぼちゃの煮物など。名取は「なとちゃん亭」の女将として、スタッフ全員に料理を振る舞った。

ほかにも昆布と一緒に生のとうもろこしを煮込んだ炊き込みご飯で作ったオニギリ、よく冷えた素麺や華やかなチラシ寿司、野菜たっぷりのカレー、卵を40個使うデビルサンドなど、毎週、手料理を用意するという。

◼手料理を振る舞う理由

名取が毎週スタッフに手料理を差し入れるのは、「1人で食べるよりみんなで食べたほうが美味しい」と考えたのがきっかけ。最初はオニギリだけだったが、ドンドン品数が増えていき、いつの間にか毎週手の混んだ料理を作るようになったと語られる。

驚く番組スタッフに、名取は「食べるのが好きだから、自分が食べたいだけ」と謙遜しながら笑った。


◼視聴者からも称賛の声

名取の振る舞う手料の数々に視聴者からは、「豪華で美味しそう」「炊き出しすごい」「差し入れの仕方すげぇぇ」と驚きの声が殺到。

「手間のかかる料理手作りだよ、こんな素敵な人だって感激」と大女優の知られざる素顔に、改めて称賛を贈る視聴者も少なくなかった。


◼7割弱が「料理上手に憧れ」

しらべぇ編集部で全国10〜60代の男女1,721名を対象に調査したところ、全体の7割弱が「料理上手な人に憧れる」と回答している。

女優としてだけでなく、料理上手な女性として名取に憧れた視聴者も多いだろう。

ただお金をかけるのではなく、手間と時間をかけてスタッフのために手料理を用意する名取。演技力や美貌だけにとどまらず、こういった気遣いができるところが、芸能界で長く活躍できる理由のひとつなのかもしれない。


・合わせて読みたい→木南晴夏、玉木宏との結婚後は「品数増やしてボリューミー」な料理


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年5月17 日〜2019年5月22日

対象:全国10代〜60代の男女1721名 (有効回答数)

しらべぇ

「差し入れ」をもっと詳しく

「差し入れ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ