DaiGo、災害時にメンタルを立て直す方法を明かす 「落ち込んでる時こそ…」

10月16日(水)6時31分 しらべぇ

DaiGo

台風19号により甚大な被害を受け、いまだに復旧が進んでいない地域がある。そんななか、メンタリスト・DaiGoが自身のYouTubeチャンネルで「災害時にメンタルを立て直す方法」を明かした。


■余裕がない時だからこそ

動画の冒頭に、「一早い復旧をお祈りしております」と述べたDaiGo。今回の動画は、心理学的な観点からみて災害の被害を受けた際に「最短でメンタルの立て直す方法」を紹介するというもの。

彼がいうに、効果的な方法というのは「他人に親切にすること」なんだとか。

本来、自身に余裕があるときにしかできない「親切」をあえてすることによって、脳が「ゆとりがある」と錯覚するそう。それにより「トラブルの際にへこみづらくなる」「感情の浮き沈みが改善される」「幸福度が高まる」といった効果が得られるという。


関連記事:人の親切を台無しに!「お金を貸した人にされた」最低言動

■4つのポイントとは…

漠然と親切にするよりも、以下の4つのポイントを意識し抑えることで、より効果が高まるという。

(1)市民的意図———「今後も親切をし続けるぞ」と意気込み、苦がなく続くような親切をする。


(2)社会的信頼———助け合って問題を乗り越えた際に幸福度が上がるため、「人間は信頼できる」と思える親切をする


(3)帰属意識———「自分がどのコミュニティーに所属しているか」といった意識を高める親切をする。


(4)隣人補助———とにかく身の回りの人を助ける親切をする。


この動画を受け「人に親切に出来る自分でいたい」と親切にすることを改めて意識した人も少なくないようだ。


■落ち込んでもすぐ立ち直れる?

ちなみに、しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,664名を対象に、「自分の性格について」の調査を実施したところ、「落ち込んでもすぐに立ち直るほうだ」と答えた人は、全体で35.3%だった。
落ち込んでもすぐに立ち直るグラフ

DaiGoは被災者のことを考えて、あえてこのタイミングで動画を公開したのだろう。今回の動画が少しでも力になることを願いたい。


・合わせて読みたい→小林麻耶、道で声を掛けてきた女性の対応に感激 「優しい世界だ…」


(文/しらべぇ編集部・ステさん



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年12月14日〜2018年12月17日

対象:全国20代〜60代の男女1,664名(有効回答数)

しらべぇ

「DaiGo」をもっと詳しく

「DaiGo」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ