深田恭子主演「ルパンの娘」続編の放送開始 「吉田沙保里が急に出てくるのは反則」

10月16日(金)8時39分 エンタメOVO

深田恭子(左)と瀬戸康史 (C)フジテレビ

写真を拡大

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第1話が、15日に放送された。

 本作は、代々泥棒一家の“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の許されない恋愛を描くラブコメディー。

 昨年7月期に放送された前作では、運命的な出会いから恋に落ちたものの、Lの一族が全国指名手配されたため、華と和馬は別れを決意。しかし、最終回で「Lの一族は死んだことにする」という華の父・尊(渡部篤郎)の機転によって、2人は結ばれた。

 その後を描く今回の続編では、Lの一族は一家全員が死んだと世間をだまし、和馬の家に身を寄せていた。

 Lの一族と桜庭一家のやり取りがコミカルに描かれると、SNS上には、「ルパンの娘、相変わらずばかばかしくて面白い」「初回から展開がぶっ飛んでる! 続編も最高」「ルパンの娘は笑いながら見られるから健康にいいわ」「それにしても深キョンがかわい過ぎる。毎週楽しみ」などの感想が上がった。

 また、劇中の再現ドラマで、華役として吉田沙保里が登場し、バトルを繰り広げると、「突然の吉田沙保里さんには笑ったわ。負けるわけがない」「ルパンの娘の吉田沙保里にくそ笑った」「吉田沙保里が急に出てくるのは反則だわ。何回見ても面白い」「深キョンと吉田沙保里さんって仲良しだったよね」などのコメントが投稿され、反響を呼んだ。

 ラストで、和馬との許されぬ関柄に悩んだ華が関係を断ち切ろうとすると、「最後のシーンは切な過ぎて泣けたな。早く幸せになってほしい」「結ばれない恋って悲しいよね…」「華と和くんが幸せになれますように」などのつぶやきが見られた。

エンタメOVO

「主演」をもっと詳しく

「主演」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ