「死ぬ前に、最後に何を食べるか?」アイドルとして絶頂期にいた加護亜依の回答は?

10月17日(水)18時0分 AbemaTIMES

 16日、『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。

 先月の沖縄ロケなどハードな収録が続き番組スタッフが音を上げたため、今回は「今夜は演者に丸投げ! スタッフ休憩スペシャル」と題し、スピードワゴンとゲストに番組を一任。台本ナシ、カメラも固定という状況で2時間のフリートークを繰り広げた。


 スピードワゴン・小沢一敬は、元モーニング娘。加護亜依と過去に一度食事をしたことがあるそうで、「加護ちゃんてやっぱブッ飛んでて、俺けっこう尊敬してるのよ」と、リスペクトしていることを明かす。


 そして「昔、加護ちゃんのインタビューで1番感動した話していい?」と、加護に一目置くきっかけになったエピソードを披露した。


 小沢が見たのは「死ぬ前に、最後に何を食べますか?」という質問に対する受け答えだったそうで、当時アイドルとして絶頂期にいた加護は、なぜか料理ではなく「水」と回答。


 この意外な答えに対して「なぜですか?」と理由を聞かれると、なんと加護は「味がついてたら、この世に未練が残るから」と、およそ14歳とは思えない回答をしたという。


 「俺、ちょっと尊敬したもん」と振り返る小沢は「このエピソード、カッコよくない?」と、加護の考え方に大いに感銘を受けたようだ。


▶︎【無料配信中】スピードワゴンの月曜The NIGHT#129〜スタッフ休憩SP


(C)AbemaTV

AbemaTIMES

「加護亜依」をもっと詳しく

「加護亜依」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ