視聴率も微妙!「下町ロケット」に視聴者から批判が殺到しているワケ

10月17日(水)9時59分 アサ芸プラス

 阿部寛が主演を務めるテレビドラマ「下町ロケット」(TBS系)の、10月14日放送の初回視聴率が、13.9%だったことがわかった。この記録は、予想されていた数字を下回るという。

「2015年に放送された『下町ロケット』第1作目は、初回視聴率が16.1%、そして最終回では22.3%まで数字を伸ばす人気ドラマとなりました。それだけに続編は、最低でも前作で初回に記録した16%はいくだろうと思われていたのですが、フタを開けてみれば13%台という微妙な結果に。これにはTBS関係者も期待外れという気持ちでしょう」(テレビ誌記者)

 そんな第1話では、イモトアヤコが天才エンジニアとして登場し、涙を流しながら長台詞を言うシーンが注目を集めた。また前作に続き、芸人では今田耕司恵俊彰なども主要キャストとして顔をそろえている。

 しかしこのキャスティングに関して、ドラマファンからは批判的な意見が多く飛び交っているという。

「TBSの日曜劇場は、お笑い芸人、アナウンサー、歌舞伎役者などを俳優として起用する傾向にあります。そして『下町ロケット』でもその流れは続いているのですが、SNSやドラマファンが集まるネット掲示板では『さすがに芸人が出すぎ。バラエティの印象が強いから、違和感でドラマに入り込めない』『“この芸能人を起用するのは意外性があるでしょ?”という制作側のキャスティングが鼻に付く。しかもうまくいってないし』『芸人が多すぎて気が散るからチャンネル変えた。お笑いでも本当にうまい人だけを起用してほしい』と、ドラマの不満はキャスティングに関する意見が大半を占めています」(テレビ誌記者)

 例えば、今期でも高視聴率を記録している「ドクターX」チームによる「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜」(テレビ朝日系)は、主要キャストに小日向文世など知名度だけでなく実績のある役者を起用し、視聴者から好評を博している。今回、「下町ロケット」が微妙な視聴率となったのは、キャスティングの影響があるのかもしれない。

アサ芸プラス

「下町ロケット」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「下町ロケット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ