夏木マリ、仏女優に自身を売り込み 国民的歌手バルバラの魅力も語る

10月17日(水)20時30分 クランクイン!

(左から)ジャンヌ・バリバール、夏木マリ クランクイン!

写真を拡大

 女優のジャンヌ・バリバールと夏木マリが、17日に都内で開催された映画『バルバラ 〜セーヌの黒いバラ〜』公開記念イベントに出席した。夏木は映画監督としても活躍しているジャンヌに「日本人が活躍する映画はないですかね?」と、自身を売り込んだ。 『黒いワシ』『ナントに雨が降る』などの名曲で知られるフランスの国民的シャンソン歌手バルバラを描く映画で、主演を務める女優・ブリジット(ジャンヌ)の姿を映し出す本作。イベントはジャンヌと夏木が、それぞれフランス語と日本語で『黒いワシ』の詩の朗読を行って幕を開けた。

 バルバラのファンで、劇中のジャンヌを「バルバラにしか見えない」と絶賛した夏木。ジャンヌに「いつバルバラを好きになったのですか?」と質問されると、夏木はNHKの特集番組だったと言い「バルバラの歌って、痛さもあるし、強さもあるし、成熟度もあるんですね。だから日本の女性としては、フランスの成熟度にいつも憧れているものですから、バルバラの歌にも、私のパフォーマンスは影響されています」と、バルバラの魅力を語った。

 夏木は「なかなかこれだけ成熟した人って、日本の特に男性って、引くところあるでしょ? だから、すごくコアなファンしかいないっていう感じがあるんだけど、バルバラの良さっていうのを、『いいね、かっこいいね』って言う男性が増えてくれば、日本も希望があると思いますよ(笑)」と持論を展開。これを受けたジャンヌは「フランスも同じで、男性は引いてしまいます(笑)」と明かし、「彼女の生きている頃は、ゲイの人たちが彼女のことをすごくアイドル視していました」と語った。

 また、ジャンヌが映画監督としても活躍していることに話が及ぶと、夏木は「日本人が活躍する映画はないですかね? フランス語は喋れないんですけど、そういう時はぜひ呼んでいただければ」と売り込み。これを受けたジャンヌは「考えてみます」と白い歯を見せていた。

 映画『バルバラ 〜セーヌの黒いバラ〜』は11月16日より全国順次公開。

クランクイン!

「バラ」をもっと詳しく

「バラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ