赤西仁、「ヒモ願望」にはほど遠い大活躍! 元SMAP3人に合流は否定

10月17日(火)15時17分 J-CASTニュース

赤西仁さん(画像はオフィシャルサイトより)

写真を拡大

ジャニーズアイドル「KAT-TUN」の元メンバー・赤西仁さん(33)が、自主レーベル「Go Good Records」とユニバーサルミュージックが業務提携することを、自身の公式サイトで2017年10月17日発表した。

前日には「ヒモになりたい」と冗談を言っていただけに、ファンからは愛あるツッコミがされている。



「日本だけではなく、海外にももっと発信」



赤西さんは2014年2月にジャニーズ事務所を退社。7月に自主レーベル「Go Good Records」とファンクラブを立ち上げ、ソロアーティストとして活動してきた。今回の業務提携は「更なる活動の場を拡げることを目的」としている。



提携後、第1弾となるアルバム「Blessed(ブレッシド)」を、2017年12月12日に発売することも決定した。計10曲が収録され、うち2曲は世界的人気歌手のジャスティン・ビーバーさんらを手掛けるプロデューサー・チーム「ステレオタイプス」が楽曲提供する。



ユニバーサルミュージックの社長兼CEOの藤倉尚氏は、業務提携について


「良い音楽には国境が無いことをいくつものアーティストが証明しています。Go Good Recordsもそれに準ずる音楽を創造し、進化を遂げてきたレーベルです。これまで、そのレーベルを音楽に誠実に育ててきた主宰・赤西仁氏の感性と、世界最大のマーケットシェアを持つ我々ユニバーサルミュージックのノウハウを掛け合わせ、その可能性を最大値に拡げていきたいと考えています」

とコメントしている。業務提携を受け、同社公式サイト内には赤西さんの個人ページも設けられた。



赤西さんは個人での契約ではなく、レーベルの業務提携にした理由について、


「アーティスト単体の視点では見えない色々な経験を積み、成長していきたい」

と10月17日朝に更新したインスタグラムで語っている。ファンと育ててきたレーベルを簡単に失いたくない、という思いもあったという。


「メジャーレーベルのグローバルなネットワークから刺激を受け、自分の音楽のレベルを上げていき、日本だけではなく、海外にももっと発信していければと思っています」

と意気込みを記した。投稿には「ダイレクトメッセージ」「#ちゃんと自分で書いた」とコメントが添えられており、ファンからは「応援してます」などあたたかなメッセージが寄せられている。



過去には「ヒモ」との揶揄も...



ソロアーティストとしてCDリリースやライブツアーなど精力的に活動してきた赤西さんだが、ジャニーズ時代に比べるとメディアへの露出は激減。妻で女優の黒木メイサさん(29)がドラマやCMなどで活躍を続けることから、夫婦格差の指摘や「ヒモ」だと揶揄されることもあった。



しかし10月8日のツイートによると、実際は「マジで仕事辞めてやろうかと思うくらいお仕事してました」といい、そうした忙しさからか1日には「あ〜ヒモになりたい」とつぶやいていた。16日にも再度、今回の発表をアナウンスするとともに「#あーヒモになりたい」とハッシュタグを付けて投稿。業務提携に伴い、より多忙になると思われることから、


「ヒモになりたいとふざけながら自分でヒモから大きく遠のいていく赤西仁」

「すげーなー...何がヒモになりたいだよ。しっかり仕事してんじゃないかよ」

「そりゃヒモになりたいほど忙しい訳だ 赤西仁最高かよ」

など、ファンからは愛あるツッコミがされている。



なお、一部で赤西さんと今年9月にジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんとの合流について噂されていたが、赤西さんはこれについて2日ツイッターで、「ウチのスタッフは超弱小チームなので、そんなわけありまへんがな」と否定している。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

赤西仁をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ